記事

「読み書き困難」は個性、人知れず悩むあなたへ

1/2

「ディスレクシア」をご存知ですか?知的に問題がないものの、読み書きに関して特徴のあるつまずきや学習困難を示す症状で、外部からは判断しづらく、また日本ではまだまだ認知が低いため、日常の生活で困難を強いられることがあるといいます。しかし一方で、人知れずディスレクシアに悩んでいる人は多いといいます。「ディスレクシアが活きる社会」を目指して活動するNPOの代表らに話を聞きました。(JAMMIN=山本 めぐみ)

■人口の10%ほどいるとされるディスレクシア

一人ひとり症状や文字が読みづらい理由は異なるが、ディスレクシアの人たちは、基本的に「音韻」に問題を抱えているという ©NPO EDGE

お話をお伺いしたのは、「ディスレクシアの全ての人が活き活きと暮らせる社会」を目指し、ディスレクシアの正しい認識の普及と支援を目的に活動する「NPO法人EDGE(エッジ)」(東京)代表の藤堂栄子(とうどう・えいこ)さん(65)と、企画・コーディネートを担当する娘の亜美(あみ)さん(33)。

ディスレクシアは、LD(学習障害)の一種とされ、読み書きに困難を伴うという症状があります。人によって程度の差はありますが、ディスレクシアの人たちが共通して抱えているのは「音韻」の問題だといいます。

藤堂栄子さん(左)と、藤堂亜美さん(右)。ディスレクシアの有名なアーティストVince Lowさんの絵画を持って。描かれているジョン・レノンもまた、ディスレクシアだったと言われている

「文字と、その音とを結びつけて操作する力が弱い。たとえば『りんご』という文字が書かれているとする。この時、通常の働きであれば、脳の中では様々な部位を使い『りんご』の文字を『りんご』の音だと認識する回路があるが、ディスレクシアの人たちはここがうまく機能せず、『り』の文字を見て『り』という音だということを認識するのに時間がかかってしまう」

「一人ひとり症状や文字が読みづらい理由は異なるが、ゴシック体や明朝体などフォントの差で文字を識別しづらかったり、また『わ』と『れ』、『く』と『へ』、『し』と『つ』など、文字の角度の問題で、分別が難しいということもある」と藤堂さん。日本ではまだ認知度は低いですが、統計によっては、人口の10パーセント程の人たちがこの症状を抱えているという結果が出ているといいます。

■60歳でディスレクシアと判明

藤堂さん自身、ディスレクシアと判明した一人。47歳の時に息子さんがディスレクシアだとわかり、症状が似ていたことから「もしかすると自分もそうではないか」と感じていたといいます。


スマホの文字読み上げアプリや音声入力ツールを使って、紙面の内容理解メモやメール、スケジュール管理を行う藤堂さん。ディスレクシアの人たちにとって、スマホは他にも、行き先の記録やコミュニケーションツールとしても使うことができる

「電車やバスに乗る時、書かれている行き先が瞬時に読めないのでいつまでたっても乗車できなかったり、乗車しても書かれている降車駅の名前が読めずに降りるべきところがわからなかったりといったことが何度もあった。ほかにも、電話口でメモをとると違うように書いていたり、待ち合わせの日付や時間を間違えたりといったこともある。大人のディスレクシア検査をしてくれるところが無く、60歳になってはっきりディスレクシアだとわかった」と振り返ります。

藤堂さんが携帯している「ヘルプカード」。「これを使って読み書きの手伝いを依頼できる。このカードがあれば、役所や銀行などの窓口での記入時に、ストレスが10分の1になる」と話す

「ディスレクシアの症状が、仕事に影響を及ぼすこともある」と話すのは、娘の亜美さん。

「ディスレクシアの人の中には、数字の識別に問題を抱える人もいる。母はそのパターンで、生年月日や今日の日付、電話番号を間違えることがある。こういった症状があると、仕事はできても日々の報告書がめちゃくちゃで、仕事をしていないと思われてしまったり、接客の仕事で『これをください』とメニューを見せられても読み間違えてオーダーをとってしまったりといったことが出てくる」と指摘します。

■学校の授業は、ディスレクシアの人たちにとって大きな壁

ディスレクシアの人は音声化された情報の方が理解しやすいことがある。また、教科書を見ながら音声を聞くことで文字と音と意味が繋がることもあるという。EDGEでは文部科学省より委託を受け、国語と社会の教科書の本文を中心に文字を音声化したもの(音声教材『beam』)を、ディスレクシアを含むLD、学習に困難を持つ児童生徒に無償で提供している

60歳でディスレクシアだと判明するまで、理由がわからず人と違うことに悩むことはなかったのか?藤堂さんに尋ねてみました。

「父親の仕事の関係で、10年ほど海外で生活をしていたこともあり、帰国して入った学校では日本語の読み書きがあまりできなかったが『帰国子女だからしょうがない』とクラスメイトたちみんなが助けてくれた」

「なので私の場合は大きな問題を感じることはなかったが、通常の学校の授業は、ディスレクシアを抱える人にとっては大きな課題。ほとんどの人は、一つの文字に対して一つの音しかない平仮名とカタカナは訓練して読めるようになるが、一つの文字で読み方がいくつも出てくる漢字や、前後にくる文字によって読み方が異なってくる英単語は、まさに混乱そのもの」

あわせて読みたい

「発達障害」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  4. 4

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  5. 5

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  6. 6

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  9. 9

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  10. 10

    素直に良かった開会式 国内外の取り上げ方に差異

    和田政宗

    07月24日 10:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。