記事

お笑いの養成所を比較してみました【どうやったら、伝えるスキルはあがるのか考えてみた】

1/2

お笑いの養成所って、何をやっているか皆様ご存知ですか。

中学2年生の時、芸人になりたいと思い大切な青春時代にも関わらず胡散臭い本を読み漁っていたことを思い出しました。

まだまだ25歳。

気持ちはフレッシュすぎる若手芸人!!

これからが頑張り時なのですが最近は「養成所どこがいいですか?」という質問を後輩からもらうようになりました。

胡散臭い本を読まないでちゃんと実態に基づいて決めてほしいと思うのでなんか恥ずかしいのですがブログを書きます。

この間もイベント後に高校生の女の子から相談されたので…

芸人の世界にいたら当たり前のことですが、一般社会には浸透していないと思うのでお笑いの養成所がどんなものなのかご紹介します。

大体50~100万円の授業料を払い、ネタ見せ、演技、ダンスなどの授業、更にお笑いライブなどがございます。

私も高校3年生の時にお笑いの養成所に通っておりました。

ワタナベコメディスクールの第15期生として通いました。

土日のコースで時間は17:00-21:00ぐらいだったと記憶しております。

(少し記憶が曖昧です)

同じコースには10人ぐらいいました。

およそ50万円のコースでオーディションのネタ見せで半額ぐらいにしてもらいアルバイトはフェリス女学院で禁止されていたのであと25万円は懸賞論文などを書いてその優勝賞金で授業料を賄いました。

お金ためるために懸賞論文たくさん書いたのでおかげで文章力が少し身につきました!

【授業料を比較してみました】

それぞれの養成所の授業を比較してみました。

(参考までに専門学校もいれました)


授業料は40万円前後のところが多いようですね。

※ただ、絶対にこの金額だけでは決めないで下さい!!

決め方のコツ、私のオススメは後ほど書きます。

私の時は、授業として、下記の4つがありました。

・ダンス
・演技
・ネタ見せ
・座学

そして、たまに養成所主催のライブがあるという形でした。

習うことは、どこもさして変わらないと思います。

ただカラーみたいなのはあります。

吉本の芸人さんはとにかく声が出ている。

ナベプロはとにかく下ネタが少なく、ミュージカル的な魅せ方に気を配る。

人力は尖ったお笑い、マセキは玄人お笑いみたいなイメージですかね。

今思い返しても、ダンス・演技などはあまり役立たなかった気がします。。

やるならきっと、もっと本格的にやらないと身につかないと正直思いました。

ダンスができない私は先生に「ななちゃん踊って」といわれ、一人で踊りできなくて大爆笑されるみたいな感じでした。

できないものはできないんです、きっと。

私は表現力が特に不器用なので…

結局人前にどのぐらい立つのかとかが大事なので自分で自主的にどのぐらいライブをいれるかネタを考える時間をとるのかとかそういうことの方が大切です。

自分の名刺となるネタができるまでは特にテレビに出る前は、月に10~30本ぐらいライブに出ないとダメだと思います。

高校3年生・大学生の時学校に通いながら、月15本ぐらい出ていたので、芸人1本の人ならできると思います。

19歳で R1準決勝いった時に思ったんです。

その時のセミファイナリストを見渡すと意外と地下ライブで一緒だった人が多い!!と!!

ライブにでて仕上げた人には勝てないです。

劇場がある吉本に勝つためには、ライブをめちゃくちゃ自分で探して出番を増やすことがとにかく大事です。

1~2年あわないうちに吉本の芸人さんの場慣れとスキルの向上には本当にいつも驚かされます。

よくも悪くもお笑いはあまり習うものでは文化としてなくてだから、たくさん先輩芸人さんと知り合って技術を盗むものです。

私は、高校1、2年生の時は1年で演劇とライブあわせて100本以上みにいっていました。

どの世界でも一緒ですよね。

受け身の人はトップにはなれません。

(テレビのメジャー芸人にはなれませんでしたが、一応日本テレビの「ワラチャン!」というお笑い大会で優勝しています)

【お笑いのスタイルの比較】

先ほど、養成所や事務所の決めては授業料であってはいけないと書きました。

では、何で決めればいいのか。

トップとなる顔となる人とのお笑いのスタイルをどれだけリスペクトできるかで決めるべきだと思います。


ざっと思いつく限り書いてみました。

もちろん事務所に多様な芸人さんはいますが、売れるまではトップの芸人さんの

カラーに悩まされることが多くなると思います。

トップの芸人さんがライブを大切にする方だったら、売れてもライブに出れるけど、あまりそうじゃなかったら、売れたらライブに出にくくなるみたいなこととかはよくある話です。

この人と同じ考えや同じお笑いがやりたいとトップの人と重ねて思える人がいるのか。

その人と同じ事務所に入るために養成所を選ぶのが一番いいと思います。

すごく極端なことをいえば、理不尽なことをいわれてもこのトップの人のお考えなら、ついて従います!みたいな感じです。

そういうのが苦手な人はYou Tuberとかフリーの芸人の方がいいかもです…

かなり縦社会。

でも実力社会でもあります。

ファンをたくさんつけ、テレビからばんばんお声がかかるぐらいだったらあまり関係ないかもですが、あまりそういう人を見かけません。

オーディションに誰をいかせるかも事務所のマネージャーが決めますからやはりカラーはとても大切です。

ネタ見せやライブを見に行くだけでカラーはかなりわかります。

ただ賞レースなどは誰にでも与えられている権利。

ここで準決勝・決勝にいけるなら、あまり気にしなくてもいいかもです。

あわせて読みたい

「お笑い芸人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  2. 2

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  3. 3

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  5. 5

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  8. 8

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    処理水見送りにみる菅首相の気質

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。