記事

社用端末を紛失"ロックなし"は賠償が怖い

会社の経理部員や人事部員たちは、何を考え、どこを見ているのか。お金の問題を甘く見ていると、「想定外」の落とし穴に落ちることもある。「プレジデント」(2018年3月19日号)では、11のテーマについて識者にポイントを聞いた。第7回は「会社貸与の端末紛失」について――。

■会社貸与の携帯電話、スマホ、タブレット端末、ノートPCを紛失

会社から貸与された業務用の携帯電話やスマホ、タブレット端末、ノートPCなどをうっかり失くしてしまった。さて、当の社員はその損失を弁償しなければならないのだろうか。

写真=iStock.com/Poike

会社は社員に損害賠償を求める権利を有する。しかし、全額の賠償が認められた判例は少ない。というのも、会社はそれらの貸与によって業務を遂行して利益を得ているし、紛失するリスクも承知のうえでの貸与だと見なされているからだ。

仮に業務規則や貸与規則に、備品の紛失や破損した際の賠償金額が規定されていたとしても、法的にその規定は無効である。労働基準法の第16条で、労働契約の不履行に対する違約金や損害賠償額をあらかじめ規定することが禁じられているからだ。

とはいえ、故意や重大な過失による場合ではなく、うっかりミスによる紛失や破損でも、当の社員には過失責任がある。通例では常識的な範囲で、会社と社員の双方が責任を分担する形で収められる。その割合はケースバイケースだ。

備品の紛失や破損で、会社が社員に賠償請求をした過去の判例がある。会社所有のタンクローリーを社員が運転、破損した事例だが、裁判所は、会社側が自動車保険に加入していなかった点を重く見て、社員への請求は実際の損害額の4分の1の限度にとどまった。

▼社員が「会社所有物を損じた」裁判例

(最高裁1976年7月8日判決、事件番号昭49(オ)1073号)
損害賠償請求事件[茨城石炭商事事件・上告審]
社員が運転する会社所有のタンクローリーが、前の車に衝突し破損
(原因●前方不注意、車間距離不保持)
社員が会社から訴えられる(損害賠償金額&求償金額●計41万1050円)

判決:「損害額の1/4を限度とすべき」

理由(1)会社が対物賠償責任保険及び車両保険に加入していなかった
理由(2)タンクローリーを運転するのは臨時のみだった
理由(3)勤務成績は普通以上だったetc
(民訴法401条、95条、89条に依拠)

■端末内の個人情報や業務データ喪失の損害負担は?

では、携帯端末に記録されている個人情報や、業務に関わるデータ類の喪失による損害はどうか。特に個人情報が抜き取られて流出した場合、顧客や取引先からの賠償請求や、会社の信用低下にともなう売上減などの損害が想定される。

故意に個人情報を漏えい(情報窃盗)した社員への賠償請求が、会社が主張した全額を認められた事例はある。しかし、うっかりミスの事例はなかなか見当たらない。おそらく、個人情報漏えいによる賠償額が多額となるため、一社員に請求しても費用倒れになると考えられているからだと思われる。

今後の裁判では、先のタンクローリーの件の判決を援用していくことになろう。裁判官は本人以外が開けぬよう会社側が端末にロックをかけていたか否かや、社内研修など業務管理の中身を考慮するだろうし、それによって社員の分担額も変わる。社員自身のロックの有無も分担額に影響するだろう。

----------
住川佳祐
QUEST法律事務所 代表弁護士
1988年、大阪府生まれ。2017年QUEST法律事務所開設。労働問題について記載するメディア「ハタラクエスト」を運営。東京弁護士会所属。 
----------

(弁護士 住川 佳祐 構成=高橋盛男 撮影=石橋素幸 写真=iStock.com)

あわせて読みたい

「サイバーセキュリティ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  2. 2

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  3. 3

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  6. 6

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  7. 7

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  9. 9

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  10. 10

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。