記事

オウム死刑執行「目には目を、歯には歯を、死には死を」

■23年後の青天の霹靂

 「地下鉄サリン事件」が発生したのは1995年のことだった。その後、2006年には松本智津夫被告の死刑判決が確定していたが、事件から四半世紀が経過しようとしていた現在になって、ようやく死刑が執行された。しかし、あまりにも突然の出来事だったせいか、驚きを隠せない人が多く、案の定、「オウムの罪」よりも「死刑の是非」を語る人も出てきたようだ。

 ハンムラビ法典に書かれた「目には目を、歯には歯を」という言葉は有名だが、その言葉に倣い「死には死を」というのが死刑というものの本質を表している。「死刑」という言葉には、「無実の人間を殺した者は己の死をもって償わなければならない」という意味が込められている。

 国家転覆を目的とした無差別テロを実行し、13名の死亡者を出した極左グループの死刑判決者が12人というのは、「死には死を」という言葉にピッタリと符号するが、死者以外にも数千人もの重軽傷者を出した罪を合算すれば、現行法では死刑は避けられないと言える。

 これだけの罪を犯しても死刑にならないということであれば、殺人者は死亡するまで一生、刑務所で生活することになる。
 ちなみに、戦時中、過激な共産主義者が刑務所に入っていたのは、戦争に行きたくない(死にたくない)からという裏事情もあったらしい。当時は、刑務所の中が1番、安全だったというわけだ。

■「死刑制度」と「共産主義」との関係性

 死刑廃止論者の言い分は、冤罪の可能性があった場合、取り返しのつかないことになるというものだが、場合によっては、それは確かにその通りだと思う。「十人の真犯人を逃がすとも一人の無辜(むこ)を罰するなかれ」という言葉もある通り、無実の人間を罰することほど罪深いものはない。
 しかしながら、このオウム事件に限って言えば、冤罪の可能性は0と言っていい。罪の深さや浅さを測り間違うことは有り得ても、大量無差別殺人を行ったという罪の重さが軽くなるわけではない。

 今回、死刑が執行された7人の中には、自らの犯した罪を後悔していた人もいるかもしれない。自らの犯した罪の重さに気付き、死刑になるのは当然だと思っていた人もいるかもしれない。
 オウム真理教の実体は真理を追求する宗教団体と言うよりも、破壊願望を内に秘めた極左テログループだったと言えるが、敢えて宗教的に言うなら、人間の為した罪というものは、本来、死後に清算されるという考えがある。キリスト教であれ仏教であれ皆そうなっている。そう考えると、現世における死刑制度というものは、“生前に罪を清算しなければならない”という考えであるとも言える。

 中国や北朝鮮、キューバ、ベトナムなど、共産主義と縁が深い唯物論国家には必ず死刑制度が残っているが、日本もある意味、共産主義と縁が深い国なので、死刑制度が無くならないのかもしれない。

あわせて読みたい

「オウム真理教」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田中康夫氏 脱ダム批判受け反論

    田中康夫

  2. 2

    アマゾン火災 責任の一端は日本

    ビデオニュース・ドットコム

  3. 3

    文政権 総選挙で「死に体化」か

    文春オンライン

  4. 4

    ラグビーW杯「日本不利」予想か

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    ZOZO売却でライザップ再建を想起

    大関暁夫

  6. 6

    ユニクロ会長の日本人批判に反論

    自由人

  7. 7

    若者に広がる自己中心主義の復活

    ヒロ

  8. 8

    質問通告遅らす森議員は官僚の敵

    天木直人

  9. 9

    橋下氏 徴用工の個人請求権残る

    文春オンライン

  10. 10

    よしのり氏 安倍首相に期待残す

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。