記事

TPP協定締結:自由貿易体制を力強く推進

TPP11協定の国会承認、関連法案の成立に続く、昨日の閣議決定により、TPP11協定締結の国内手続が完了しました。
安倍総理が参加表明をしてから5年、激しい交渉や米国離脱など、様々な困難を乗り越えて、国益に適う協定を承認することができました。

TPPは、世界的に保護主義が台頭する中、日本がリーダーシップを発揮して、自由で公正な21世紀型の新しいルールを確立するものです。
人口約5億人、GDP計約10兆ドルの経済圏であり、我が国にとっても、また、アジア・太平洋地域の将来にとっても、画期的な成果です。
現在、メキシコは既に手続を完了していますが、最も経済規模の大きい日本がリード役として、協定の早期発効に向けた機運を高めていきたいと思います。

さらに、11日からベルギーを訪問する安倍総理は、ブリュッセルにおいて、日EU経済連携協定に署名する予定です。21世紀にふさわしい、高い水準の自由で公正な経済の枠組みを構築し、人口約6億人、GDP計約21兆ドルの巨大な経済圏を創り出し、日本のGDPの拡大を雇用の創出をもたらす、アベノミクスの新しいエンジンとなるものです。
今回の署名を経て、本協定及び関連法案をできる限り早期に国会に提出できるよう準備を進めていきます。

また東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉も進んでいます。
RCEPは、TPPに参加していない中国や韓国をも含むインド太平洋地域の16か国による、人口約34億人、GDP計約20兆ドルの巨大経済圏を構築するものです。
年内妥結を目指すASEANともしっかり連携し、できるだけ質の高い協定として早期に妥結できることを目指し、引き続き精力的に交渉を進めています。

世界で保護主義の動きが拡がる中、日本は自由貿易体制を力強く推進するために、自由で公正な21世紀型の通商ルール作りを主導してまいります。

あわせて読みたい

「TPP」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小川彩佳アナの竹島発言に疑問

    和田政宗

  2. 2

    夏目アナ 吉本問題でTVに危機感

    水島宏明

  3. 3

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  4. 4

    韓国が対日想定した空母を建造か

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    韓国の不買に動じない日本アニメ

    WEDGE Infinity

  6. 6

    テレビ見ぬ若者のN国支持は当然

    日比嘉高

  7. 7

    韓国に反日の損失知らしめるべき

    安倍宏行

  8. 8

    紳助氏 会長辞任なら吉本潰れる

    文春オンライン

  9. 9

    吉本トップ 行政責任で辞任せず?

    渡邉裕二

  10. 10

    山本太郎氏「皆で政権取ろう」

    山本太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。