記事

串カツ田中、禁煙化で客数増も売り上げは減少 「子どもに愛される店舗になれば、長期的には売り上げも伸びていく」

店舗禁煙化で話題になっていた串カツ田中が7月6日、禁煙化により客数が前年同期に比べ2.2%増えたと発表した。客単価は、前年同期比95%に落ち込み、売上高も97.1%へと若干減少した。しかし同社の担当者は、「今後客数が増えていけば、売り上げも上がる可能性はあります」と話す。

今年6月1日から国内192店舗のうち176店舗を全席禁煙にした。13店舗では、2階のみ喫煙可にしたり、喫煙専用室を設置したりすることで分煙を徹底。喫煙ができるのは、いずれも立ち飲みの新橋店(港区)と新宿京王フレンテ店(新宿区)、要町店(豊島区)のみとなった。

「女性のお客様や未成年のお客様が増え、客単価は減少」


串カツ田中が禁煙化

その結果、客層に変化が見られたという。「会社員・男性グループ」が6%、「30代以上の男女グループ」も1%減少する一方、「家族連れ」は6%増加。「20代までの男女グループ」と「女性・カップル」も1%づつ増加した。

担当者は、客層の変化と売り上げ単価について、こう話している。

「女性の方は食べる量が少ないですし、未成年のお客様はアルコールを頼まれません。また未成年の方からはお通し代を頂いていません。さらに6月中は『感謝祭キャンペーン』と『200店舗達成記念キャンペーン』という値下げのキャンペーンをしていたため、売り上げは減少してしまいました」

6月1~14日に開催された感謝祭キャンペーンでは、通常100~200円の串カツ全品が税込み108円になっていた。また同月22~30日の記念キャンペーンでは、250~490円ドリンクが216円になっていた。こうした値下げも売り上げ減少に影響したという。

しかし来店客からは、「安心して子どもを連れてこれる」「妊婦でも来れる」と禁煙を歓迎する声が出た。従業員からも、「平日でもファミリー層が増えた」「土日は男女カップルが多くなる」といった意見が寄せられた。「働く上でも快適になった気がする」という人も。店員も受動喫煙の被害を受けずに働けるようになったようだ。

「小さなお子様に10年後には友達と、20年後にはご自身のご家族と来店してほしい」

串カツ田中には喫煙者の顧客も多い。それでも同社が禁煙に踏み切ったのは、顧客としての子どもを重要視しているからだ。

前出の担当者は、「10~20年に渡って食べつがれる食文化に成長するためには、お子様に食べていただく必要があると思っています。家族に連れられてきたお子様が10年後にはお友達と来店して下さる。20年後にはご家族を連れてきて下さる。長く愛される店舗づくりをすれば、長期的には売り上げも伸びていく可能性が高いと思います」と話していた。

あわせて読みたい

「串カツ田中」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。