記事

麻原らオウム死刑執行、「このタイミング」しかなかった理由

なぜこのタイミングだったのか?(麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚。時事通信フォト)

7月6日、地下鉄サリン事件などで死刑が確定していた、オウム真理教の元教祖・麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚ら7人の死刑が執行された。上川陽子法相は記者会見で、「被害者の苦しみは想像を絶するものがある。慎重にも慎重な検討を重ねたうえで命令した」と述べたが、かねてより死刑執行の「Xデー」については、様々な憶測が飛び交っていた。

今年3月には、東京拘置所に収容されていたオウム確定死刑囚13人のうち7人が全国の拘置所(支所含む)に移送され、「執行準備か」との観測が一気に広がった。共犯事件の死刑囚は同日に執行されるのが原則。移送し分散させることで刑場を確保し、一斉執行に備えているという見方だ。

それではなぜ、死刑執行は「このタイミング」で実施されたのか。

「来年2019年には天皇の生前退位という一大イベントがあり、恩赦も予定されている。再来年には東京五輪が控え、オウム死刑囚の執行は“今年しかない”との暗黙の了解が法務省内にはあったのではないか」(司法記者)

そのうえで、8月に入れば自民党総裁選の準備に政治家は忙しくなる。9月の総裁選が終わり、内閣改造で法相が替わることがあれば、すぐに執行命令書にサインできる状況ではなくなる。だからといって年末に近づけば目前に迫った生前退位の祝賀ムードに水を差しかねないので適切でないとの声も出てくるだろう。

これ以上先延ばししてしまうと執行の機会自体を失ってしまう、ということで、「このタイミングしかなかった」というのが実情のようだ。

あわせて読みたい

「オウム真理教」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小川彩佳アナの竹島発言に疑問

    和田政宗

  2. 2

    夏目アナ 吉本問題でTVに危機感

    水島宏明

  3. 3

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  4. 4

    韓国が対日想定した空母を建造か

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    韓国の不買に動じない日本アニメ

    WEDGE Infinity

  6. 6

    テレビ見ぬ若者のN国支持は当然

    日比嘉高

  7. 7

    韓国に反日の損失知らしめるべき

    安倍宏行

  8. 8

    紳助氏 会長辞任なら吉本潰れる

    文春オンライン

  9. 9

    吉本トップ 行政責任で辞任せず?

    渡邉裕二

  10. 10

    山本太郎氏「皆で政権取ろう」

    山本太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。