記事

中央リニア新幹線の公聴会 〜 巨大事業の公共性も事業性も理解できない

1/2

こんにちは。
大田区議会議員 岡 高志です。

先日6月29日に
国土交通省主催の中央新幹線品川・名古屋間建設工事に関する大深度地下の使用認可申請案件に係る公聴会に公述人として参加してきました

(長いので以下、「中央リニア新幹線の公聴会」

JR東海が推進する中央リニア新幹線 品川-名古屋間は2027年開業を目指して計画されています。
ルートマップは、JR東海のサイトで公開されています。

 linear-chuo-shinkansen.jr-central.co.jp
ルート・工事マップ|リニア中央新幹線|JR東海
http://linear-chuo-shinkansen.jr-central.co.jp/plan/

品川駅からスタートして、品川区、大田区、世田谷区の大深度地下にトンネルが掘られます。
大深度地下の公共的使用に関する特別措置法に基づき、地上の地権者の承諾なく実施できる事業のため、周辺地権者からはリニア新幹線による影響を不安視する声が根強く残ります。
騒音、振動、電磁波、地下水への影響、活断層、そもそもの事業採算など…

新しく中央リニア新幹線が整備されても、地下を通過される住民に直接の便益は認めがたいものです。
ただただ心配が尽きません。

今年5月に開かれたJR東海主催の住民向け説明会で、私は疑問点を投げかけました。

 岡 高志 大田区議会議員
画像を見る大赤字覚悟の中央リニア新幹線を進める企業的意義とは?
http://okatakashi.net/archives/2934
釈然としない説明だったので、
中央リニア新幹線の公聴会に公述人として質疑・意見提示しました。

3つのポイントで中央リニア新幹線の公聴会で質疑しています。

今回の大規模な公共事業から生じる様々な不安を受忍しなければならない
工事周辺地域住民にとって、メリットは何かあるのか?

今回の大規模な公共事業から生じる様々な不安を受忍しなければならない
工事周辺地域住民にとって、
メリットは何かあるのか?


地上に鉄道建設する場合と比較すると、住民の移転が無いこと、工事の騒音が無いことがメリット

それは工事するJR東海のメリットでしかない。
住民にとってのメリットは考えてないのか?


名古屋まで1時間で移動できることで、東京大都市圏が拡大することが住民のメリットである。

工事周辺地域の住民のメリットではない。
工事周辺地域住民の利便性向上のために、
東海道新幹線の新駅を川崎市の武蔵小杉に作ってはどうか?


JR東海としてのメリットが無い。

公共事業の枠組みで進めていくのだから、JR東海側のメリットばかり主張していないで、工事で影響を受ける住民の立場も考えてください!

あわせて読みたい

「リニア新幹線」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。