記事

年収1000万円以上のミドル層が副業をする理由 1位「知見・視野が広がる」、2位「新しい人間関係を構築できる」

エン・ジャパンは6月29日、「副業(パラレルキャリア)」に関するアンケート結果を発表した。調査は5月7日 ~ 31日にかけて実施。「ミドルの転職」を利用する、35歳以上の転職経験のある1144人から回答を得た。

全体で30%のミドルが「現在。本業以外での活動もしくは副業をしている」と回答。年収別に見ると、年収1000万円以上で31%、年収1000万円未満で30%となっており、あまり差は出なかった。

副業中の人に、「副業に取り組む理由」を聞くと、最も多かったのは「報酬が得られる」(57%)、だった。次いで「知見・視野が広がる」(46%)、「本業の収入だけは充足していない」(40%)も上位にランクインした。

年収別に比較すると、年収1000万円以上は1位「知見・視野が広がる」(67%)、2位「新しい人間関係を構築できる」(50%)で、副業を通じて刺激や充足感を得る事が目的だとうかがえる。

年収1000万円未満は1位「報酬が得られる」(60%)、2位「本業の収入だけは充足していない」(42%)だった。年収1000万円未満の人は収入を増やすことを目的にしている傾向があるようだ。

具体的な副業の取り組みについては、「本業以外の単発の仕事」(46%)が最多だった。年収1000万円以上では「株式投資」(22%)、「起業」(15%)、「不動産投資」(13%)、「仮想通貨への投資」(13%)など、投資関連が目立った。

「副業の成果が本業で認知され、実際の業務での活用や売上貢献につながった」

副業をする理由とは?

また全体で54%の人が「副業が本業で役に立ったことがある」と回答。役に立ったエピソードとして、

「副業の成果が本業で認知され、実際の業務での活用や売上貢献につながった」(37歳男性)
「本業では出会えない業種の人々と仕事をすることにより、固定概念を崩していくことができるところ。ひいては本業でも柔軟な発想に役立ち、自社が遅れている環境などが分かるところなど、メリットがたくさんあると思う」(37歳女性)
「株式投資を行う事で、投資先企業や業界を調査するため知見が広がる」 (54歳男性)

といったコメントが寄せられた。

このほか、「副業のおかげで会社が倒産した後も収入が途絶えず、また、ジョブチェンジもできた」(50歳男性)などの回答があった。

あわせて読みたい

「副業解禁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  4. 4

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

  5. 5

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  6. 6

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  7. 7

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  8. 8

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  9. 9

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

  10. 10

    スペイン 死者が1万4500人突破

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。