記事

真部沖縄防衛局長が宜野湾市長選に加え名護市長選でも「講話」 違法行為あえてする防衛省の異常な執念

画像を見る

辺野古浜通信より、真部局長の「講話」に出るように指示したメール)

米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市長選(2012年2月12日投開票)を巡り、真部朗局長が下のメールにあるように沖縄防衛局が職員や親族に有権者がいるかどうかのリストを作成させ、上のメールにあるように1月23、24両日の勤務時間内に対象者を集め、防衛局庁舎内で、職員計68人に話をしていたことが分かりました。

真部局長は、防衛省の調査に対して、講話の内容について、「宜野湾市にはアメリカ軍普天間基地があり、民意が重要で、公務員として選挙権を行使すべきだと述べた」と話しています。

また、防衛省による、講話を聴いた職員への調査でも、特定の候補者を支持する内容は確認されなかったとされています。

しかし、議事録は案の定ありません。

画像を見る

ところで、防衛省のこれまでの調査で、真部局長が、一昨年の沖縄の名護市での選挙についても、当時、局長として職員に講話を行っていたことが分かりました。

ええと、宜野湾市は普天間基地がある市ですね。

名護市はその普天間基地の移設先である辺野古がある市です。

沖縄差別の象徴 普天間基地移設問題の解決方法は撤去・廃絶のみ


そして、両方の市長選挙とも、普天間基地移設問題が最大の争点となっているのです。

選りに選って、この二つの市長選でだけ「講話」をして、民意が重要だから選挙には棄権しないで行くように言いました、なんて話を、誰が信用すると思っているんでしょうか。

たぶん、あからさまに特定の候補の名前はあげなかったでしょう。しかし、わざわざ部下を集めて選挙の話をすること自体で、どういう投票行動を局長が望んでいるのかは、部下には明らかになるのです。

こういうのを、暗黙の了解、法律学では「黙示の承諾」がある、といいます。

国家公務員法102条は「職員は、人事院規則で定める政治的行為をしてはならない」と規定しており、人事院規則は「政治的目的のために職名、職権またはその他の公私の影響力を利用すること」が政治的行為にあたるとして刑罰を科しています。

このような講話を行うことは、国家公務員の地位を利用した選挙運動を禁じる公職選挙法や、政治的行為を禁じた自衛隊法に抵触しますし、親族に有権者がいる職員を調べること自体、個人情報保護法違反の疑いもあります。

だいたい、「講話」ってなんですか。防衛省は宗教団体か。気色悪い。


真部局長というのは、沖縄を「犯す」発言をして更迭された田中聡前局長の前に局長をやっていた人です。

「犯す」発言問題とは、田中局長が2011年11月28日夜、報道陣との非公式の懇談会の席で、米軍普天間飛行場代替施設を名護市辺野古に建設するための環境影響評価(アセスメント)の「評価書」の年内提出について、一川保夫防衛相が「年内に提出できる準備をしている」との表現にとどめ、年内提出実施の明言を避けていることはなぜか、と問われたことに対し 犯す前にこれから犯しますよと言いますかなどと述べ、年内提出の方針はあるものの、沖縄側の感情に「配慮」しているとの考えを示したという事件です。

一川防衛相問責決議案可決 普天間基地を辺野古に移設する環境アセスがなぜ沖縄を「犯す」ことになるのか

真部局長は、今回、「沖縄問題を良く理解している」ということで返り咲いたのですが、沖縄に対する態度は田中局長に勝るとも劣らない酷さです。

真部局長の「沖縄理解」とは、海兵隊の基地を是が非でも沖縄に押しつけるべきだというものです。そして、なりふりかまわず防衛省が選挙に介入してでも、国とアメリカのいうことを聞くような首長が選ばれるようにしたいというものなのです。

おまけに、藤村修官房長官は「いいことだという評価も出るかもしれない。必要なことだと」なんて言っているんです。アホなんですか、この人は?

この無神経さといい、政府はどこまで沖縄差別をすれば気が済むのか、暗澹たる思いです。

アメリカ第1 国民2の次の野田政権の卑劣 辺野古環境アセス評価書を沖縄県庁守衛室に朝4時に運び込む!


産経新聞は田中防衛相が漏らした「普天間移設・辺野古埋め立ては年内着工」を知っていて隠していた

「いいこととの評価も」=沖縄局長問題で藤村官房長官

 藤村修官 房長官は1日午前の記者会見で、沖縄県宜野湾市長選に関して防衛省沖縄防衛局の真部朗局長が同市在住の職員らに「講話」を行った問題について、「調査中」 としながらも「いいことだという評価も出るかもしれない。必要なことだと」と述べた。事態が真部局長の進退に発展する中での擁護と取られかねない発言であ り、沖縄や野党の反発を招きそうだ。
 藤村長官は、真部局長の行動に関し「国家公務員の地位の利用は公職選挙法違反になるが、そういうことはない という活動はあり得ていいんじゃないかとは思う」とも語った。処分については「全体像をきっちりつかんだ上で判断したい」とした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  4. 4

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    学生転落 巻き添えの女性が死亡

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。