記事

「小泉訪朝」を評価する人は外交オンチだ

1/2

安倍晋三首相は日朝首脳会談を再開できるだろうか。かつて小泉純一郎首相(当時)は2002年と04年の2度訪朝し、拉致被害者を連れ帰った。だが「北朝鮮に帰国させる」との約束を反故にしたため、その後、現在まで日朝会談は開かれていない。元外務省主任分析官・佐藤優氏は「小泉訪朝は失敗だった」と断言する。佐藤優氏と片山杜秀氏の対談をお届けしよう――。(第6回)

※本稿は、佐藤優、片山杜秀『平成史』(小学館)の第3章「小泉劇場、熱狂の果てに 平成12年→17年」の一部を再編集したものです。

2002年9月、首脳会談を終えて「日朝共同宣言」に署名し、握手する小泉純一郎首相(当時、左)と北朝鮮の金正日労働党総書記(写真=時事通信フォト、代表撮影)

■田中眞紀子外相が金正男を帰国させなければ……

【片山杜秀(慶應義塾大学法学部教授)】小泉政権のスタート時は、田中眞紀子が外務大臣でした。ポスト・ポスト冷戦時代に突入して、国際外交がもっとも重要視されていた時期にもかかわらず1年足らずで更迭されましたね。

【佐藤優(作家)】政権発足時、外務省ではほとんどの人間が田中だけは勘弁してほしいと考えていました。でも徐々に省内で田中派が強くなっていった。やがて死ぬまでついていきますという連中まで出てきた。

【片山】(苦笑)。そんな人たちがいたんですね。

【佐藤】主流派から冷遇されていた人には、田中外相誕生は出世のチャンスだったんです。

【片山】田中眞紀子が外相だった01年5月に金正男と見られる男が成田空港で拘束されました。しかし慌てて帰国させてしまった。彼を日本で確保しておけば、日朝外交の切り札になったのではないですか。

【佐藤】おっしゃるとおりです。でも、田中眞紀子が「そんなの怖いからすぐに帰しちゃいなさい」と政治主導で帰還させてしまったんです。また9・11直後に田中は、アメリカ国防省がスミソニアン博物館に避難しているという機密をマスコミにしゃべってしまった。ここでやっと外務省内でも田中に対する危機感が露わになった。

【片山】すごい話ですね。

【佐藤】田中は人の説明をまったく聞かないし、感情的に動く。パソコンにたとえれば、容量が非常に小さくて、OSが違うからどんなにいいソフトをダウンロードしてみても、どう動作するかが分からない(苦笑)。

■鈴木宗男の功績は、田中眞紀子と刺し違えたこと

【片山】それなのにあんな勝手なことを言っていたのですか。いま振り返っても恐ろしい。とはいえ、あの時期小泉首相と田中外務大臣を圧倒的多数の国民が支持した。いまや完全に過去の人ですが、田中眞紀子も首相候補の1人に数えられていました。

【佐藤】歯車が狂えば、田中首相誕生の可能性も確かにあった。そうなったらトランプとドゥテルテを足して3で割ったような騒動になっていたでしょうね。

佐藤優、片山杜秀『平成史』(小学館)

【片山】なるほど。日本はトランプ政治の混乱を先取りした可能性もあったのか。さすが「世界に冠たる日本」です(苦笑)。

【佐藤】そうです。だから鈴木宗男さんの政治家としての最大の功績は、田中眞紀子と刺し違えて公職から外したことなんですよ。

田中外相更迭のきっかけは、02年1月のアフガニスタン復興支援国際会議でした。鈴木宗男さんが出席予定のNGO団体に圧力をかけて参加を取りやめさせた、と田中が主張した。もちろんそんな事実はありませんから、鈴木さんは真っ向から対立した。

【片山】とはいえ、当時の田中眞紀子人気はすごかった。勝算はあったのですか。

【佐藤】おっしゃるように世間は圧倒的な田中支持です。私も「こんな状況で、田中さんを敵に回しても大丈夫なのですか」と聞きました。鈴木さんは「向こうは明白なウソをついている。いくら人気があっても大丈夫だ。事実関係について100対0なら勝負できる」と語り、国会で疑惑の追及に対して全面的に否定した。

その後、国会審議を混乱させたとして田中眞紀子は外相を更迭されて、鈴木さんも責任をとって衆議院議院運営委員長を辞任した。その後、宗男バッシングの嵐が吹き荒れ自民党も離党したんです。それからしばらくした02年5月、東京地方検察庁に私が逮捕され、6月、鈴木さんが逮捕されました。

■「拉致被害者を2週間で返す」という約束を破った

【片山】日朝関係が一気に動き出したのは、田中外相更迭後です。小泉訪朝が02年9月。日朝首脳会談が行われて、日朝平壌宣言が交わされた。5人の拉致被害者が帰国しました。さらに2年後には5人の拉致被害者家族も帰国した。拉致被害者奪還が小泉政権最大の功績という見方をする人が多い。佐藤さんは小泉訪朝をどう評価されますか?

【佐藤】9月17日ですよね。私の初公判の日だった。小泉訪朝のおかげで、私の裁判の記事が小さくてすんだ。個人的には、小泉訪朝には感謝しているんです。あれがなければ、一面トップで書かれていたかもしれません。

ただし、あの交渉には大きな問題があった。首脳会談を実現させた外務省の田中均が北朝鮮との約束を破ってしまったのです。

【片山】もともとは拉致被害者を2週間後に北朝鮮に帰す約束でしたね。

【佐藤】そうなんです。この外交には、小さな約束と大きな約束の2つがありました。小さな約束を守ったからといって、大きな約束を履行するとは限らない。ただし小さな約束に従わなければ、大きな約束に踏み切れない。

この場合、拉致被害者を2週間で北朝鮮に返すという小さな約束のあとに日本は経済支援を行い、北朝鮮は核と弾道ミサイルを廃絶するという大きな約束が履行されるはずでした。

【片山】しかし帰さなかった。いえ、日本の世論を考えれば、帰国させられる状況ではなかった。

あわせて読みたい

「拉致問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本がBTSを利用 反日団体が見解

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    マイナンバー3年目も普及進まず

    週刊金曜日編集部

  3. 3

    BTS謝罪 自民議員「今後に注視」

    和田政宗

  4. 4

    山尾志桜里氏の改憲案はズレズレ

    猪野 亨

  5. 5

    ソフバン上場 東証悩ます危うさ

    山口利昭

  6. 6

    橋下氏 靖国より陸軍墓地を見よ

    橋下徹

  7. 7

    「イッテQ!」疑惑 全祭りを検証

    NEWSポストセブン

  8. 8

    徴用工 訴状に日本企業が困惑

    NEWSポストセブン

  9. 9

    イッテQで失った視聴率3冠の信用

    女性自身

  10. 10

    タトゥー彫り師無罪は画期的判決

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。