記事

スウェーデン中銀が政策金利据え置き、利上げ見通し維持

[ストックホルム 3日 ロイター] - スウェーデン中央銀行は3日、政策金利をマイナス0.5%で据え置いた。また、年末に向けて慎重に金融引き締めを開始するとの見通しを維持した。

中銀が政策を決定する上で注視しているCPIF(住宅ローンの影響を除く消費者物価指数)の上昇率見通しは、今年・来年ともに1.9%から2.1%に引き上げた。

CPIFは数年にわたり中銀目標の2%を下回っていたが、昨年初めにこの水準に復帰した。

ただ中銀は、エネルギー価格の上昇とクローナ安といった一時的要因がCPIF上昇の背景にあると警戒している。

イングベス総裁は記者会見で「インフレ圧力が足元穏やかで、海外の不透明性は増したと認識している」とした上で「こうした状況を踏まえ、利上げを年末まで先送りするとの従来見通しを維持することが最も適切と判断される」と述べた。

声明文では「経済活動は力強く、インフレ率は目標の2%に近い水準にある。しかしインフレ圧力は緩やかで、金融政策はインフレ率が目標に近い水準を維持できるよう引き続き緩和的とする必要がある」と指摘した。

また、欧州中央銀行(ECB)の引き締めに先んじて動き、クローナの急伸を招くことを避けようとしていることも、中銀の慎重姿勢の要因となっている。

クローナは中銀の声明発表後、年末に向けた利上げ方針が改めて示されたことで上昇した。

利上げ開始時期を巡り、アナリストの見解は依然分かれている。

インフレの伸びは今後もさえず、世界的な関税引き上げやイタリア経済、ハト派的なECBといった懸念要因で中銀がより慎重になり、引き締め開始時期が来年にずれ込むとの見方もある。

中銀は「クローナの上昇は予想より弱く、エネルギー価格の上昇が加速すれば、今後1年のインフレ率上昇は前回の予想を上回るだろう。ただ長期的には、CPIFの見通しに変わりはない」との見方を示した。

会合では、オルソン副総裁が3回連続で25ベーシスポイント(bp)の利上げを主張。

フローデン副総裁は、最初の0.25%ポイントの引き上げは9月か10月との政策金利の方向性に支持を表明した。

*情報を追加しました。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

  10. 10

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。