記事

価格そのままで量を減らす「ステルス値上げ」6割の人が実感 特に「スナック菓子」「チョコレート」で感じる模様

投信投資顧問会社スパークス・アセット・マネジメントは6月29日、「ビジネスパーソンの『マネ活』に関する調査」の結果を発表した。調査は、全国の20~59歳の働く男女1000人を対象に実施された。

お金について不安に思うことを複数回答で聞いたところ、「老後の生活資金」が48.6%で最も割合が高かった。次いで「賃金・収入」が41.1%、「将来の生活設計」が34.1%だった。「将来の公的年金」(29.6%)、「現在の家計状況」と「税金」(それぞれ29.2%)を挙げる人も多かった。今現在の収入よりも将来や老後について不安に思っている人が多いようだ。

毎月の貯金額、5~10万円未満がトップ 平均額は4万円余り

お金の不安

「物価の上昇(値上がりなど)」が不安だという人も22.1%いた。値上げには、実際に価格を上げるだけでなく、価格はそのままで内容量を減らしたり、質を下げたりする「ステルス値上げ」もある。

この「ステルス値上げ」を実感したことがある人は63.6%に上っている。特に「スナック菓子(ポテトチップスなど)」を購入するときに感じたという人が62.6%もいた。また「チョコレート」でも41%、「ヨーグルト」でも26.3%の人が感じたことがあるという。

ステルス値上げを実感したことがある人のうち87.6%はガッカリしたと答えている。やはり価格が同じままなのに、量が減っていたりするとほとんどの人が嫌な気持ちになるようだ。

「税金(増税や節税方法など)」が不安だという人も29.2%いた。そこで調査対象者全員に、2019年10月の消費税引き上げで景気がどうなると思うか聞いた。すると77.1%もの人が景気が悪化すると回答した。

お金の不安を解消するために、どのような「マネ活」をしているのか聞くと、「日々の生活費の節約」が61.4%で最も多かった。2番目は「保険の加入(生命保険や損害保険)」(59.1%)、3番目は「定期的に貯金を増やす」(48.6%)だった。日々の節約を積みかさね、貯金をするという堅実な人が多い。

定期的に貯金しているという486人に毎月の貯金額を聞くと、5~10万円未満が23.5%で最も多く、平均額は4万1188円だった。

あわせて読みたい

「値上げ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    バレーのジャニ依存 海外で批判

    WEDGE Infinity

  2. 2

    韓国法相辞任で文政権崩壊はない

    文春オンライン

  3. 3

    法相辞任 文政権は崩壊に向かう?

    早川忠孝

  4. 4

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  5. 5

    少女像以外も政治的なあいトリ

    紙屋高雪

  6. 6

    教師間いじめ 評価高い加害教諭

    非国民通信

  7. 7

    ラグビー主将が忘れぬ日本の募金

    文春オンライン

  8. 8

    素人の台風撮影に頼る報道へ苦言

    krmmk3

  9. 9

    台風19号を政争の具にする愚かさ

    自由人

  10. 10

    立民 与党から予算委開会の要求

    立憲民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。