記事

ワールドカップで「賭け」は仲間内でも違法?常習犯には懲役も!

ロシアワールドカップが開催中ですね。ワールドカップは、4年に一度の大きなイベント。サッカー好きの人はもちろん、普段サッカーに興味がない人も夢中になってしまうほどの大きな影響力があります。

ワールドカップの試合を、居酒屋やバーなどで仲間と一緒に試合を観るのも楽しいですよね。その際、『どっちのチームが勝つか』、『どのチームが優勝するか』で賭けをしたことはありませんか?実はそれ、犯罪かもしれません。

ワールドカップの勝敗予想で賭けをするのは法律的にOKなのか調べてみました。

賭け事を禁止する『賭博罪』という罪がある

実は、日本には賭けを禁止する法律があり、公営ギャンブル(競馬、競輪、競艇、宝くじなど)以外では賭け事をしてはいけないことになっています。それは刑法第185条に定められています。

第百八十五条  賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭(か)けたにとどまるときは、この限りでない。

【引用:刑法 – 電子政府の総合窓口 e-Gov

賭け事をしたら50万円以下の罰金に処される可能性があります。どうでしょうか?今まで賭けをしていた人、がっかりしてしまいましたか?

『じゃあ子どものころにやった、勝った方がお菓子を食べていいみたいなじゃんけん、あれもダメなの?』と思う人もいることでしょう。賭け事すべてが犯罪ならこの世のほとんどの人は犯罪者ということに…。

仲間内でたしなむ程度の賭けは認められている。

刑法185条をもう一度読んでみてください。後半部分に『一時の娯楽に供するものを賭けたにとどまるときは、この限りではない』と書かれています。

過去の裁判によると『お金以外のちょっとしたもの、その場で楽しむもの』を賭けるのであれば、一応OKということになっています。

例えばタバコや食べ物、飲み物などが代表的でしょうか。またお金であっても遊び程度の極めて少額での賭けであれば同様に犯罪にはならないと考えられています。

ただし、どこまでがセーフでどこからがアウトなどの具体的な基準はありませんので、積極的に賭けを行うのはおすすめできません。

まとめ

賭けは基本的には認められていないが、その場で楽しめるものを賭ける分には一応認められていることがわかりました。

「予想が当たったら、一杯おごりな。」程度なら問題にならないかもしれませんが、絶対に大丈夫というわけでもありません。

また、
・ネットで賭け仲間を募集する
・高額なお金を賭けてサッカー鑑賞をする
・1日だけ、一度きり、など単発ではなく、繰り返し賭けを行う
・違法なカジノ等で賭博に興じる
上記のような行為は立件されて刑事責任を問われるおそれが大きいため絶対にやめましょう。

弁護士の総合検索サイト『あなたの弁護士』

『あなたの弁護士』は弁護士の総合検索サイト。地域別、相談内容別に弁護士を検索できます。また、日常生活で遭遇する可能性のある法的トラブルを解説した記事も配信中。転ばぬ先の杖としてお役立てください。
https://yourbengo.jp/

あわせて読みたい

「賭博」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    無料ネットサービス依存で支障も

    かさこ

  2. 2

    橋下氏「10年前の大阪に戻すな」

    橋下徹

  3. 3

    飲食業界の禁煙化 食体験改善に

    東龍

  4. 4

    保育を見下す自民の新託児ルール

    赤木智弘

  5. 5

    東大医学部が国試で振るわぬ背景

    文春オンライン

  6. 6

    イチローには国民栄誉賞など不要

    舛添要一

  7. 7

    失敗から学べない日本の敗戦否認

    内田樹

  8. 8

    NGT騒動「水面下」はない社会に

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    幻想振りまくアベノミクスの実態

    ビデオニュース・ドットコム

  10. 10

    納期のため品質を犠牲にする現場

    佐藤知一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。