記事

もう少し赤字を出したいくらいの気持ち=LINEモバイル社長

[東京 2日 ロイター] - 格安スマートフォン事業を手掛けるLINEモバイルの嘉戸彩乃社長は2日の会見で、LINEモバイルの赤字が膨らんでいることについて、通信業は顧客の獲得時に一番コストがかかると説明した上で「もうちょっと(顧客獲得のために)赤字を掘りたいくらいの気持ちだった」と2期目を振り返った。

LINEモバイルが発表した2017年12月期決算は売上高が33億8514万円、当期純損失が33億1358万円だった。

これについて嘉戸社長は「通信業界なのでそもそも最初にお金がかかる。獲得したときが一番お金がかかるのは当然だ」とした上で、「そんなに赤字なのかというと、実は私の中ではもうちょっと赤字を掘りたいくらいの気持ちだった」と語った。

LINEモバイルは今年1月にソフトバンクとの戦略的提携を発表。4月にソフトバンクが51%出資し、同社の傘下で事業の拡大を目指している。

2日にはソフトバンク回線を利用した格安スマホサービスを始めた。

(志田義寧)

あわせて読みたい

「LINE」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工めぐる韓国高裁のこじつけ

    緒方 林太郎

  2. 2

    桜を見る会 予算の内訳説明せよ

    大串博志

  3. 3

    評判の結合映画 おっぱいに注目

    松田健次

  4. 4

    総理がメディアに指示? 質疑話題

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    病気だけはネットで検索するな

    幻冬舎plus

  6. 6

    なぜ高学歴なのに低収入になるか

    内藤忍

  7. 7

    天皇制に脅かされる「国民主権」

    五十嵐仁

  8. 8

    韓国の基金案で徴用工解決は困難

    緒方 林太郎

  9. 9

    民主政権の桜を見る会 今と違い

    井戸まさえ

  10. 10

    山本一郎氏がKAZMAX氏にエール

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。