記事

寄り付きの日経平均は反落、米通商政策への警戒続く

[東京 2日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比70円71銭安の2万2233円80銭となり、反落して始まった。ドル/円は110円後半と円安基調で推移しているものの、米国の保護主義的な通商政策への警戒感が根強く、手じまい売りが優勢となっている。日銀が寄り付き前に発表した6月日銀短観では、大企業製造業・業況判断DIが+21となり2四半期連続で悪化したが、先行きは予想ほど悪化しておらず、市場のネガティブ材料にはなっていない。業種別では機械、精密がしっかり。ゴム製品はさえない。

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  2. 2

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  8. 8

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  9. 9

    トヨタ 39車種21万台をリコール

    ロイター

  10. 10

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。