記事
  • 東龍

マツコ・デラックス氏がカフェで注文しない客を「もう終わりだこの国」と批判したことは正しいか?

1/2

カフェで注文

みなさんは、飲食店に入店する際に、必ず何かを注文しますか。

少し前に<マツコ カフェで注文せず居座る客は「論外」 擁護の意見に激怒「もう終わりだこの国」>という記事で、タレントのマツコ・デラックス氏の発言が取り上げられており、話題となりました。

番組のアンケートによると約3人に1人が「カフェで注文しないのはアリ」と回答しており、それに対するマツコ氏の反応が記事のタイトルにもなっています。

私は<飲食店で何も注文しなくてもよいのか? 考察するべき3つの点>でも同様のことを訴えたことがありますが、影響力の大きいマツコ・デラックス氏が声をあげたことで、改めてこの問題について触れたいと思います。

飲食店での注文

以前の記事では、以下を前提としていました。

・有料ドリンク注文を前提にした飲食店でドリンクを注文しない

何の法的問題はない

・数人で喫茶店に入り、1人だけ何も注文しない

注文義務はない

そしてここから、以下の点を考慮して話を展開していき、飲食店で1円も支払わずに滞在すること、ましてや水まで飲むことは、よくないことであると説明しました。

・実際にどうなっているか
・どうしてドリンク注文が必要か
・注文しなければ飲食店は損をしないのか

今回の記事では、前回と重なるところもありますが、以下のように少し違った視点から話を展開したいと思います。

・空間の提供は価値
・奪い合う関係ではない
・ルール作り

空間の提供は価値

店内にいるだけであれば、何も迷惑を掛けていないので、問題ないという考え方は正しくありません。

ただ店内にいるだけといっても、飲食店は賃料を支払ってその場所を借りており、内装を手掛け、テーブルやイスも配し、空調も調整しているのです。

つまり、店内の空間にはしっかりとお金がかけられているのです。

飲食店の主要なコストとして、賃料と光熱費が挙げられますが、まさにこの2つのコストが店内の空間を作り上げています。飲食店の経営は慈善活動ではなく、経済的活動であるだけに、店内にいるだけであっても、この2つへの対価は支払うべきでしょう。

無料で電源やWi-Fiが利用できるカフェもありますが、電源を使われたら電気代が発生しますし、Wi-Fiを使われたら他の客が利用する帯域が狭まってしまいます。もちろん、どちらとも飲食店にとっては直接的な損害となるでしょう。

冒頭で紹介した記事の中では「お店の雰囲気だけ楽しみたい人もいる」と回答するアンケートがあったといいますが、飲食店は店内の雰囲気を、お金をかけて作り上げているのです。

飲食店では目に見えるものや味わえるもの、さらには、食べ物や飲み物に価値が置かれがちですが、食べたり飲んだりできない、こういった空間も価値となります。そして、この価値は無償で分け与えられるものではないことを、理解しておく必要があるでしょう。

あわせて読みたい

「飲食業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本政府は韓国に制裁を用意せよ

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    日韓断交を阻む韓国詣での日本人

    門田隆将

  3. 3

    大前研一氏の日産「予言」に絶賛

    キャリコネニュース

  4. 4

    島国日本のゴーン氏逮捕劇に懸念

    小林恭子

  5. 5

    日産幹部の司法取引に重大な疑念

    郷原信郎

  6. 6

    欲しい物ない大塚家具の在庫SALE

    常見陽平

  7. 7

    赤字ライザップにプロ経営者が喝

    大関暁夫

  8. 8

    イッテQめぐり朝日がブーメラン

    中田宏

  9. 9

    宗男氏 ゴーン氏の逮捕に疑問

    鈴木宗男

  10. 10

    河野外相 誤解を招く赤旗に反論

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。