記事

"おっさんジャパン"はベルギーより有利だ

2/2

■失うものがない日本、重圧にさらされるベルギー

もっとも、すでに触れたように、ベルギーは日本以上に主力を温存できている。そしてマルティネス監督は「いま考えているのは日本戦のことだけだ」と、やたらと強調している。それは「ブラジル戦のことばかり頭にちらつく」と言われているような気がする。

舐めてもらうのは大歓迎だし、過大評価していただくのも悪くない。日本にベスト8への野心はあっても、もはや失うものなどないからだ。この勝負、プレッシャーにさらされるのはベルギーの方だ。

そこで思い出すのは、東日本大震災のあった2011年の女子ワールドカップ。決勝トーナメント1回戦で、優勝候補の筆頭にしてホスト国でもあったドイツを破ったあとに、なでしこジャパンの澤穂希選手が語った言葉だ。

「ここが(ドイツを倒す)チャンスだと思っていました。勝たねばならない、という重圧がかかるのはドイツのほう。私たちには、失うものがない。自分たちのサッカーをやれば、勝てる、と」

■「勝って当然」という相手にはメンタル面で有利

澤選手は、格下という「弱者」の立場を逆手に取って、実力差をひっくり返すアドバンテージを見いだしていた。それはメンタル面での優位だ。負けたら終わりの一発勝負。「強者」にかかる「勝って当然」という重圧は、グループステージとはまったく異なる。

ベルギーが「負けるはずがない」と思っているなら、さまざまな邪念がよぎるだろう。日本に勝ち、準々決勝で想定されるブラジル戦を見据えれば、延長戦は避けたい。ムダに体力を消耗したくないし、ケガも避けたい。イエローカード(警告)も少なくしたい……。欲は尽きないはずだ。

日本の初戦の相手コロンビアが、いきなり10人で戦うハメになったのも、心の隙があったからではないか。どうせ日本は立ち上がりから、がっちり守りを固めてくるだろう——といった具合に。

そう考えれば、日本は相手の裏をかき、あちらが「できれば避けたい」と考えている展開に持っていく戦い方をすればいいのだ。

■「おっさんジャパン」の対戦経験は好材料

ベルギーの強さが「半端ない」ことは、すでに多くのメデイアで報じられている。その一方で、日本に有利に働く材料を意識的に取り上げてみたい。

例えば、あちらが比較的相手に恵まれたグループステージで、苦しい、厳しい戦いをしていないことは、日本にとって追い風だろう。過去の大会では、楽々と決勝トーナメントに勝ち上がった国が、1回戦で格下に足をすくわれるケースが何度もあった。

また、日本の多くの選手はテストマッチながら、ベルギーと過去に2度対戦している。戦績は1勝1敗。相手はベストメンバーではなかったにしても、未知の脅威や過剰な恐れを抱く必要がない。このあたりも、平均年齢が高めな『おっさんジャパン』の強みだろう。

4年前と違い、今大会のベルギーはアタック陣に有能なタレントをてんこ盛りにしたオフェンス志向の強いチームだ。守りに回る時間が長引くほど、ストレスを溜め込み、イライラを募らせるだろう。

日本は、コロンビア戦の後半やセネガル戦のように、ていねいにパスをつなぐ粘っこいポゼッション(ボールキープ)を実践できるかどうか。もちろん、パスワークの乱れを突かれて速攻を浴びれば、ひとたまりもない。ベルギーと正面から激しくやり合ったチュニジアは、その結果、好勝負になりかけていた試合を台なしにしている。

■ベルギーが最も嫌なのは「強気の姿勢」

そうかと言って、リスクを恐れたら、勝機は見えてこない。「絶対に負けられない」というリスクを抱えているのはベルギーのほうなのだから、勇気をもってチャレンジすべきだろう。そうした強気の姿勢こそ、ベルギーが最も嫌がることではないか。

今大会で初めて3バック(3−4−2−1)の相手と戦うという意味では、誰が、どこで、どう守るか、という調整は必要だが、そのあたりは抜かりがないはずだ。また、今大会から延長に突入すると、4枚目のカードが使えるため、ベンチワーク(選手交代策)も微妙に変わってくるが、指揮官にとっては望むところだろう。

少なくとも、決断をためらい、勝機を逸するようなことはない——と期待する。そもそも、この決戦のために、一か八かの危ない橋を渡ってきたのだから、いまさら怖気づく道理はないだろう。これまでどおりに戦って、あとは天命を待つだけだ。

----------

北條 聡(ほうじょう・さとし)
サッカーライター
1968年生まれ、早稲田大学卒業。1993年にベースボール・マガジン社に入社し、ワールドサッカーマガジン編集長、週刊サッカーマガジン編集長を歴任。現在はフリーランスとして、サッカーライター、サッカー解説者として活動中。近著に『サッカーは5で考える ――可変システムがわかれば試合が10倍面白くなる!』(プレジデント社)があるほか、『サッカー日本代表 勝つ準備』(共著、日本実業出版社)、『サカマガイズム』(ベースボール・マガジン社)、『正しいバルサの目指し方(サカマガトークJAM)』(共著・ベースボール・マガジン社)など著書多数。

----------

(サッカーライター 北條 聡 写真=AFP/時事通信フォト)

あわせて読みたい

「ワールドカップ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    毎日新聞記者の脅迫的取材 毎日新聞はジャーナリズムとは認められない

    和田政宗

    12月08日 12:52

  2. 2

    今世紀中に追いつくことは不可能…日本のドラマが韓国ドラマに大きく差をつけられたワケ

    PRESIDENT Online

    12月08日 15:36

  3. 3

    日大・田中英寿前理事長の逮捕で “ドンの宿敵” が権力闘争宣言!「彼は最低の人間」

    SmartFLASH

    12月08日 09:09

  4. 4

    日本人が大好きな「両論併記」によって致命的な戦争が決定された――日米開戦80年目の真実 - フォーサイト編集部

    新潮社フォーサイト

    12月08日 09:47

  5. 5

    大阪万博は「カジノ有りき」だが、それで正当化を狙ったものではない

    木曽崇

    12月08日 14:24

  6. 6

    ひろゆき氏、幼児教育に懐疑論「民間療法みたいなもの。やりたい人がやればいい」

    ABEMA TIMES

    12月08日 13:21

  7. 7

    日本ではオミクロン株はやはりそこまで怖くない?日本人のファクターXの証明

    中村ゆきつぐ

    12月09日 09:06

  8. 8

    新卒の「大企業へ就職」は負け? 発展性の乏しい大企業で何を学ぶかが大事

    川北英隆

    12月08日 09:41

  9. 9

    バスタオルを口に詰めて殴られ…人気女子高生YouTuberの“父からの虐待”告白が波紋

    女性自身

    12月09日 09:34

  10. 10

    前澤友作さんら搭乗のソユーズロケットが打ち上げ

    ABEMA TIMES

    12月08日 17:17

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。