記事

"おっさんジャパン"はベルギーより有利だ

1/2

経験豊富なベテラン選手をそろえるサッカー日本代表。そんな「おっさんジャパン」の活躍ぶりに世界中が注目している。決勝トーナメントの進出回数はアジア勢で最多となり、次戦でベスト8を争う相手は強豪ベルギーだ。元週刊サッカーマガジン編集長の北條聡氏は「勝って当然というベルギーより、日本のほうがメンタル面で有利だ」という——。

画像を見る
決勝トーナメント進出を決め、息子を抱き上げるゴールキーパーの川島永嗣選手(写真=AFP/時事通信フォト)

■決勝トーナメント進出回数はアジア勢で最多に

日本が初のベスト8入りに挑む。

ワールドカップで決勝トーナメントに進むのは2002年日韓大会、2010年南アフリカ大会に続いて3度目。アジア勢では最多の数になる。今大会も日本以外のアジア勢はことごとくグループステージで姿を消した。

ちなみにアフリカ勢は1カ国も決勝トーナメントに進めなかった。1982年スペイン大会以来、36年ぶりのことだ。いずれアフリカ勢がワールドカップで優勝する——などと言われてきたが、トントン拍子にはいかないらしい。

今大会のグループステージでは強豪の苦戦が目立ち、各国の実力差がますます縮まっている印象を与えたものの、終わってみれば競争力の高いヨーロッパ勢と南米勢がベスト16の椅子をほぼ独占している。そうしたなかで、日本はメキシコ(北中米カリブ海)とともに列強の間に割って入ったわけだ。

しかも、ポーランドとの第3戦で「負けた」にも関わらず——である。

最後の「名より実を取る」戦い方、コロンビアの勝利という「他力本願」のスタンスに、賛否渦巻いたのも当然といえる。とくに貴重な時間を割き、高いお金を払ってスタジアムまで足を運んだ人々が、大ブーイングを浴びせるのはもっともな話だ。

■勝ちに行かない「茶番」はイングランドやベルギーも同じ

筆者としては、西野朗監督の「苦渋の決断」を容認する立場だ。そもそもグループステージという仕組みが、常にこの手の問題を引き起こしかねないリスクをはらんでいる。

イギリスのBBCは今回の日本の戦い方を「茶番」とばっさり切り捨てていたが、当のイングランドもベルギーとの最終戦(3戦目)で、勝つために全力を尽くしたかどうか疑われている。相手側のベルギーもそうだ。

互いに第2戦を終えた時点で、すでに突破を決めていた。ただし、どちらが1位で抜けるか分からない状況だった。しかし、イングランドは先発を8人、ベルギーは9人も入れ替えている。勝利よりも主力の温存を優先し、その後に備える下心がみえみえだった。

そして、ベルギーの若きタレントとして期待されているヤヌザイが見事なゴールを決めても、指揮官のマルティネスはニコリともしなかった。勝てば1位抜けだが、格下の日本に勝って準々決勝に進んでも、優勝候補のブラジルと当たる可能性が高いのだ。

引き分けで終われば、2位抜けでコロンビアと当たるものの、そこを越えれば、準々決勝の相手はスイスとスウェーデンの勝者だ。ベスト4への視界がぐっと広がる。

■「暗黙の了解」が危ういからビデオ判定が始まった

いっそ、すべての試合を一発勝負のトーナメント方式にしてしまえば、こうした問題は起こりようがない。あるいは、バスケットボールのような時間制限やハンドボールにあるパッシブ(消極的な)プレーの反則を設ければ、ひたすらボールをキープして、時計の針を進めるような戦い方もできなくなる。

サッカー発祥の国イングランドでは、「ルールブックに書かずとも、そんな卑怯なマネ(時間稼ぎのボールキープ)はしない」という暗黙の了解が成立しても、それが世界中に広がれば、多様な価値観にさらされてしまう。あの「バレなきゃ、OK」というシミュレーション(わざと倒されたように見せかける偽装工作)も、あまりにも目に余る——という理由で厳しい罰則が設けられるようになった。

今大会から導入されたビデオ判定、いわゆるVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)も、かつて「神の手」とうそぶき、己のゴールを正当化してみせた巨星ディエゴ・マラドーナのような「不法行為」を取り締まるうえで一役買っている。フェアプレー精神を説くだけでは如何ともしがたいのが現実だろう。

■西野監督の「究極の選択」を支持したくなる理由

不都合があれば、ルールを変える、あるいは新たにつくる。そうするほか、ないのかもしれない。こんな御託をいくら並べてもポーランド戦の戦い方を正当化できることにはならないだろうが。それでもなお、個人的には西野監督の言う「究極の選択」を支持したい。

賭けに失敗していれば大バッシングにさらされていただろう。その覚悟をもって決断したわけである。何か大きなものを手に入れようとするなら、勇気をもってリスクを冒すしかない。

ローリスク・ハイリターンの理想を追えるのは、ひと握りの強者だけだ。結果的に日本が「負けても2位通過」という状況に持ち込めたのは、それまでの2試合で守りに回らず、リスクを取って勝ちに行く戦いをしてきたからでもある。

いくら監督自身がリスクを冒しても、笛吹けど踊らず——では仕方がない。その意味で選手たちを「その気」にさせ、リスクを恐れぬ戦い方を実践させたマネジメントも見事。そして、一世一代のギャンブルに勝ち、主力を温存してコンディションの低下(体力の消耗)を最小限に食い止めるメリットまで手にした。

決勝トーナメント1回戦に向けて、これ以上ない準備ができたと言ってもいい。ポーランド戦で先発を6人も入れ替えた理由について明言を避けていたが、それこそ本気でベスト8を狙っていることの表れだろう。限りなくベストに近い状況で「決戦」を迎えるために。

あわせて読みたい

「ワールドカップ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  6. 6

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  7. 7

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    前澤氏はお金配りしない方がいい

    藤田孝典

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。