記事

TVニュースだけではなくてオンラインニュースも「NHK」が支配していくのか

1/2
 NHKブランドが日本国内において、ニュース分野でも圧倒的な存在感を示している。伝統メディア(TV、ラジオ、プリント)のみならずオンラインメディアにおいてもだ。

  前回のブログで紹介したロイターの「Digital News Report」2018年版でも 、日本人回答者2033人に伝統メディアやオンラインメディアでどのニュースブランドに接しているかを問うており、その結果でもNHKブランドが特出していた。ここで言うニュースブランドは、オリジナルのニュースコンテンツを作り出しているニュースパブリッシャーである。オンラインでのアグリゲーターやソーシャルメディアは対象としていない。

 日本のニュースユーザーがよく接するニュースブランドが、伝統メディアでは図1のように、オンラインメディアでは図2のようになった。メディア環境が激動した2年間の変化を追うために、2016年と2018年の調査結果を掲載した。

 伝統メディアでは、テレビ局ブランド(青色)が上位を占め、その後を新聞ブランド(黄色)が続いている。2年前の2016年には、トップを走っているNHK newsに回答者の57%が週(Weekly)1回、回答者の25%が頻繁(main)に接していた。それが2年後の今年は、週1回程度接する人の割合は変わっていないが、頻繁に(週に3回以上)接する人は44%とほぼ倍増している。NHK newsの人気はともかく高くなっている。

[画像をブログで見る]

図1 伝統メディア(TV、ラジオ、プリント)の人気ニュースブランド。背景の青色がテレビ局ブランド、黄色が新聞ブランド。

オンラインニュースでもNHKブランドがトップに

 次にオンラインメディアを見ていこう。今年のロイターの調査は世界37か国のニュースユーザーを対象に同時期に一斉に実施しているが、ニュースブランドの利用調査では日本を含めYahoo! Newsもニュースパブリッシャーとして分類していた。米国などのYahoo! Newsではオリジナルコンテンツの割合が高いためであろう。でも米トラフィック解析会社Parse.lyのようにYahoo! Newsをアグリゲーターとして分類している会社も少なくない。日本のYahoo! Newsもオリジナルコンテンツに注力し増やしてきているが、まだまだアグリゲーターの役割が大きい。そこで、オンランメディアのニュースブランド・ランキングで、図2のようにYahoo! Newsがトップに立っているが、ここではアグリゲーターと見なして外すことにした。

 そこでランキングを見直すと、オンラインメディアでも上位にテレビ局ブランド(青色)が占めている。ここでも、この2年間で一段と人気急上昇したNHK news onlineがトップを独走している。オンラインニュースサイトでは新聞ブランド(黄色)が先行していたはずなのに、テレビ局ブランドが上位を占めているとは・・・。動画コンテンツが充実していることや、TVニュース番組と連携することもあるので、テレビ局ブランドがオンラインでも目立ってきているのか。また日経ビジネスや東洋経済のような雑誌ブランドが顔を出してきたのも興味深い。

[画像をブログで見る]

図2 オンラインメディアの人気ニュースブランド。背景の青色がテレビ局ブランド、黄色が新聞ブランド

人気ニュースブランドが頻繁に利用され一段と躍進

 図1と図2のロイター調査で興味深かったのは、この2年間の激動のニュースメディア環境において、人気ニュースブランドを頻繁に利用するユーザーが増えていることだ。これは海外でも同様の傾向が見られ、ニュースニーズが確実に増しているのであろう。

 そこで、頻繁に利用される、つまり週に3回以上利用されるニュースブランドのランキングに着目してみた。図3に伝統メディアのランキングを、図4にオンラインメディアのランキングを示した。グラフでも示したように、この2年間で、人気ニュースブランドを頻繁に接するユーザー数が急増している。

 伝統メディアでは、NHKブランドが2016年の25%から2018年の44%に、TV朝日ブランドが同8%から25%へと躍進している。またオンラインメディアでは、NHKブランドが5%から13%に、日経ブランドが4%から7%へとアップしていた。

[画像をブログで見る]

図3 伝統メディアで頻繁に利用されるニュースブランドは? 世界のトップクラスの発行部数を誇る保守系新聞の読売新聞(856万部)は回答者の10%しか、またリベラル系新聞の朝日新聞(626万部)は回答者の12%しか、頻繁に閲読されていなかった。完全に、TV局ブランドの後塵を拝している。

[画像をブログで見る]

図4 オンラインメディアで頻繁に利用されるニュースブランドは? 新聞の日経ブランドが2位に。twitterフォロワー数ランキングでも、297万人の日経新聞に256万人のNHKニュースが迫ってきている。

あわせて読みたい

「NHK」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国は歴史観とズレる事実を排除

    舛添要一

  2. 2

    「ネトウヨ」批判に逃げる知識人

    篠田 英朗

  3. 3

    橋下氏 百田氏の方が反日本人的

    橋下徹

  4. 4

    謝罪なく逃走の津田大介氏に呆れ

    やまもといちろう

  5. 5

    日本は韓国に知的な手助けをせよ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    日韓は報復でなく大人の対応せよ

    小宮山洋子

  7. 7

    天皇燃やした? 映像制作者を直撃

    篠田博之

  8. 8

    権力迎合で安泰 NHKの存在に疑問

    ビデオニュース・ドットコム

  9. 9

    田中角栄が頼った「最強ヤクザ」

    NEWSポストセブン

  10. 10

    よしのり氏 北巡る米発言に怒り

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。