記事

日本VSポーランド戦には、恥じること無くブーイングを

1/2
日本の決勝トーナメント進出が決まる、ワールドカップリーグ戦第3戦、日本VSポーランドで珍事が起こった。ポーランドに先制点を取られ、反撃をしなければならないはずの日本が、パス回しで時間を稼ぐ行動に出たのである。(*1)

勝っている方が時間を稼ぐのは当然としても、負けているチームがパス回し。会場ではブーイングが起き、テレビを見ている人たちの中にも動揺する様子があった。

さて、このパス回しには明確な理由がある。

日本が先に1点を失っており、その後後半74分という、ゲームが終わるまで残り15分という状況で、セネガルが1点を失った。

リーグ戦を2戦行った状況で、日本とセネガルは同じ1勝1分であり、勝ち点は同じ。またゴールと被ゴールから算出される得失点差も同じ、さらに直接対決でも引き分けであり、このまま点数が動かなければ、イエローやレッドカードの数などで判断される「フェアプレーポイント」の差で日本が2位で決勝トーナメント進出、そしてセネガルは3位で敗退となる。

もちろん、日本は勝負を挑むこともできただろう。少なくとも、ポーランドから点を取り返し、引き分け以上の結果で終えることができれば、セネガルVSコロンビアの結果に関係なく、決勝トーナメント進出が確定するのである。

ただ、リーグ戦敗退が決定しているとはいえ、ポーランドは格上である。積極的に点を取りに行けば、その裏をかかれかねない。同じ敗北でも1点差での敗北であればセネガルを上回るが、2点差の敗北では下回ってしまう。

その結果、セネガルVSコロンビアの点がこれ以上動かないことを前提に、攻めずにしかし相手にボールを渡さないためにパス回しをすることで、消費したのである。

結果的にその采配は的中し、日本は無事決勝トーナメントに進出することができた。

では、僕たちのような見る側はそれを理解して、つまらない試合にも称賛を送るべきだろうか?

僕はそうとは思わない。

今回の件、一言で言うなら「ルールはルール。しかし、つまらない試合はつまらない」のである。

ルールの上で勝つことは間違いではない。しかしこの試合にブーイングを送った人たちは、間違っているからブーイングを送ったわけではない。つまらない展開だからこそブーイングをしたのである。

日本はこのままセネガルが同点に追いつかなければ、パス回しさえしていれば、大きなリスクを負わず失点しないで済む。

また、ポーランドはもちろん勝ちたいが、一方で追加点をとることは、リーグ敗退が確定している今となってはさほど意味がない。このまま日本がパス回しで時間を稼いでくれれば、追加点は取れないが勝利が確実になる。という、お互いの利害が一致した状態で膠着してしまった。

試合を見に来ている日本のサポーターまでが、目の前の選手たちではなく、スマホでセネガルVSコロンビアを見るしかない状況は滑稽ですらある。(*2)

会場に来た人たちや、その試合をテレビやネット配信で見ている人たちは、わざわざお金や時間をつかってそこにいるのだ。その人達が目の前のつまらない試合にブーイングを送るのは当たり前である。

あわせて読みたい

「ワールドカップ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    元日テレ社員 イッテQの裏を解説

    AbemaTIMES

  2. 2

    日露の歴史を知らぬ政治家に驚き

    鈴木宗男

  3. 3

    飲み会に嘆き 行っても結局孤立

    キャリコネニュース

  4. 4

    日本は韓国捨てるか 撤退企業も

    tenten99

  5. 5

    所得1千万円で滞納 公務員がグチ

    キャリコネニュース

  6. 6

    「韓国が和紙代用品」議員が警鐘

    赤池 まさあき

  7. 7

    これセクハラ? 悩める上司に指摘

    赤木智弘

  8. 8

    原油供給過剰 アジア減速が影響

    ロイター

  9. 9

    昭和天皇の素顔 孫に祝い3000円

    文春オンライン

  10. 10

    美智子さま 眞子さまに厳重警告

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。