記事

英GDP、第1四半期確報値は上方修正 8月利上げが視野に

[ロンドン 29日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が発表した2018年第1・四半期の英国内総生産(GDP)確報値は前期比0.2%増へと上方修正された。改定値は0.1%増だった。建設業の減少幅が縮小した。

インベステックのエコノミスト、フィリップ・ショー氏は、今回の結果を受け「8月利上げに向けた障害が外れた」と指摘。第2・四半期の成長率について「以前より良く見える」との見方を示した。

前年比では1.2%増。伸び率は2012年第2・四半期以降で最も低く、改定値やロイターがまとめた予想と変わらずだった。

第2・四半期のGDPは8月10日に発表される予定。

サービスセクターは4月に前月比0.3%増となり、伸び率は2017年11月以来の大きさだった。

前年比では1.6%増と第1・四半期の1.2%増から伸びが加速した。

一方、家計の貯蓄率は4.1%に低下し、1963年の統計開始から3番目に低い水準となった。

発表を受け、ポンドは対ドル、対ユーロで上昇。金利先物が示す8月の英利上げ確率は50%から60%に上昇した。

同日発表された第1・四半期の経常赤字は177億2000万ポンド(233億3000万ドル)。市場予想は180億ポンドの赤字だった。GDP比では3.4%と1年ぶりの低水準となったが、国際的に見るとなお高い水準にある。

パンテオン・マクロエコノミクスのエコノミスト、サミュエル・ツームズ氏は、ポンドについて「海外投資家の英経済見通しが突然悪化した場合、急落する可能性が続いている」と述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  5. 5

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  6. 6

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  7. 7

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

  8. 8

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  9. 9

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  10. 10

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。