記事

富山の事件 「警官に撃たれ重体」 「元自衛官」 それよりもっと伝える情報があったのでは

富山の事件、犠牲者のご冥福をお祈りします。

朝日新聞記事です。(容疑者は21歳の男 駆けつけた警官に撃たれ重体 富山)

事件の一報ですからある程度仕方ないのですがなんかタイトルに違和感を感じます。

私の先輩のFBからの引用です。一部編集しています。
「交番警察官を襲い刺殺し、奪った拳銃で近くの小学校警備員を射殺、そしてさらに学校へ侵入し犯行を企てようとする犯人に、警官が止むを得ず発砲しさらなる子供等への被害を防いだ」
もちろんこんな長いタイトルは無理でしょうが、「警官に撃たれ重体」だとなんかそっちじゃないと思ってしまいます。

この後の犯人は元自衛官もそうです。おそらく任期制自衛官なんだと思いますが、それこそ今このタイミングではいらないんじゃない?元自衛官であったことがこの犯罪に関係するの?ちなみにこの階級ではよほどのことがない限り小銃訓練はあっても拳銃訓練はしないよ。

その後の動機の報道として、父親とのトラブルバイトトラブルなどがあがっていますが、なかなか個別の原因分析は大変そうです。

産経記事(元自衛官が拳銃強奪、警察官刺され死亡、警備員は頭部撃たれ死亡)からです。
>島津容疑者が奥田小の敷地内で、警察官2人に対し刃物を持って突進して来たため、「止まれ。撃つぞ」と警告した上でそれぞれが1発ずつ発砲した。威嚇射撃をする時間はなかったという。
警察の行動を褒めるのはやっぱり無理ですかね。少なくとも撃った警官を責めてはいないのがまだ救いですが。

あわせて読みたい

「殺人事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  2. 2

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  3. 3

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  4. 4

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

  5. 5

    飲食店苦境「家賃、人件費重い」

    東龍

  6. 6

    NY化近づく東京 野党の姿勢危惧

    青山まさゆき

  7. 7

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  8. 8

    東京感染者 4日で倍増すれば危険

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  10. 10

    緊急事態宣言へ 7都府県で1か月

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。