記事

消費税増税の狙いは、平成の大恐慌!?

5/6

痛みのない税制改革は、相続税アップ


小口:消費税のアップ、本当に本当に避けられないのか?森永さん曰く“避けられる”ということですが。

森永:簡単に避けられます。方法はいくらでもあるんですよ。もう1つね、ついでなんで言っておくと。相続税はですね、いま日本の家計部門が持っている純資産。これは金融資産だけじゃなくて不動産とか色んなものが全部込みこみで、相続財産なるものが2000兆円以上あるんです。世代が大体30年で入れ替わるとすると、1年あたり68兆円ぐらい遺産がでているはずなんです。そこに2割課税すると14兆弱。つまり消費税を倍にするのと同じだけの効果があるわけです。私はこれをイチ押ししているんですよ。なぜかというと、相続税の増税は痛みがないんです。なんで痛みがないかっていうと、払う人が亡くなっているからです。

小口:でも、もらう方は相続税をあてにして・・・

森永:いやだって、もらう方のお金じゃなくって。稼いだ人は亡くなっちゃってるんだから。亡くなった時に2割ぐらい持っていくなんて、普通でしょ?

小口:いま、相続税はいくらぐらいなんですか?

森永:1兆4000億円ぐらいしか入ってきてないんです。なぜ入ってきてないかというと、免税になってる部分もあるんですけど、制度の中で方法的にきちんと捕捉できてないんじゃないかなっていう部分もたくさんあるので。ほら、よくいうじゃないですか。大金持ちはスイス銀行に隠してるとか。スイス銀行って銀行はないんですけど。まぁ、そういう人たちの資産をガッチリ押さえて税金をとれば、消費税なんかあげなくていいわけですよ。

小口:そういうのを民間の会社に委託して、ちゃんと追跡することは難しいんでしょうか?

森永:本気でやればできるんじゃないかと思いますけどね。まず、そういう議論をすればいいわけです。法人税だって、昔に比べれば随分下がったんで、それを高くするのだって1つの方法だし。いっぱい手立てがあって“こういうメニューがありますよ。アナタはどれがいいですか?選んでください”っていうのが普通の議論の仕方だと思うんですけど。それが“消費税増税しかありません”って、一直線でいっちゃうからキモチ悪いわけですよね。

小口:日本人はある程度、そういうのに“しょうがないよね”といって従う。そういう心を読んでのことですよね?

森永:そうそうそう。だからね、日本人はいい人だからすぐに騙されちゃうんです。評論家もね、体制側についてほうが儲かるわけですよ。だから小難しい顔して、ニュース番組にでて「子どもたちのために借金を残してはいけません」とかってテキトーなこといってると、結構いいギャラもらえて。しかも、ギャラが高いだけじゃなくて、一流企業から講演のお呼びがかかって、また大儲けができるっていう仕組みになっているわけです。

小口:そういう人たちからお金を取ってください、先に。

日本の消費税は、スウェーデン並みに高かった!


小口:消費税は今後、日用品にはかけないとか、そういう風に細かく区分はされていくんですか?

森永:いや、それもしないと思います。消費税増税で庶民を狙い撃ちにしているんです。

小口:でも、海外では割とそうやって、生活必需品にはかけないとかあるんですよね。

森永:それよりも、もっとひどいことをやろうとしているんです。でね、実は日本の消費税はすでに十分高いんです。

仲俣:でも、他の国と比べたら、低いじゃないですか?

森永:例えば、財務省のホームページに行くと「OECD諸国 消費税率比較」っていうグラフがでてくるわけです。日本が一番低いと。でも、OECDは30カ国あるんですけど、グラフを数えると29本しかないんです。1個だけ抜けてる国があるんです。さてどこでしょう?

仲俣:え~、どこだろう?・・・ヒントありますか?

森永:ヒントは、大きな国です!

仲俣:大きな国? アメリカ?

森永:ピンポ~~ン!

小口:えぇ!?消費税ありますよね?

森永:ないんです!アメリカは消費税ゼロです。小売売上税はありますけど、消費税はないんです。こういうことをいうと「ニューヨークの小売売上税、高いじゃねえか」っていう人がいるんですが。実は、小売売上税がない州もあるんです。だから、ヤバイところはグラフにださないわけです。しかもこれ、標準税率っていうので比べてるんですね。ヨーロッパは食料品だとか、新聞だとか、公共交通だとか、そういう生活必需品には、軽減税率とかゼロ税率。全然かけないっていうのをやってるので。実行の税率は低いんですよ。表面的に標準税率が高くっても。しかも、欧米の場合は社会保障税っていうのが、みんなあるので。日本はないんです、企業にかける社会保障税っていうのが。だからね、税収の中で占める消費税の割合、これ日本とスウェーデンがほぼ一緒です。

小口:スウェーデンって、消費税25%ですよ!

森永:要するに、日本の消費税率と比べても5倍の消費税率なんだけど、実質的な負担は日本とスウェーデンは一緒なんです。っていうことを、誰もいわないんです。こんなのOECDのホームページに行けば普通にでてくるんです。だからね、そういう事実っていうのをみんな知らないから「あー、日本は消費税低いんだ―」って思っちゃうんです。

小口:もう充分、消費税の役割は、そこで果たしてしまってるということなんですね?

森永:そうそうそう。むしろ、消費税率を仮にあげなきゃいけないんだとしたら、企業に社会保障税を作って、欧米並みにしないといけないと思いますよ。そうしないと、消費者だけに負担がいっちゃうんです。

あわせて読みたい

「消費増税」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  2. 2

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  3. 3

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  4. 4

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  5. 5

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  6. 6

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  7. 7

    危機回避で疑問視 専門家の悲哀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  8. 8

    病院赤字 不要不急の通院だった?

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

  10. 10

    新型コロナ流行で出生率に変化か

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。