記事

消費税増税の狙いは、平成の大恐慌!?

1/6
今回のテーマは「ホントに必要!? 消費税アップ!」(撮影:野原誠治)
今回のテーマは「ホントに必要!? 消費税アップ!」(撮影:野原誠治) 写真一覧
わかっているようでわかっていない経済問題を身近な問題に置き換えて紹介する番組、森永卓郎のBLOGOS経済塾。2012年になり、野田政権がいよいよ、消費税増税を本格的にスタートさせました。野田総理の悲願ともいえるこの増税策ですが、そもそもデフレが進む日本で、なぜいま消費税を挙げなければいけないのか!?多くの方が思うこの疑問に経済アナリストの森永卓郎が答えました。そして、森永さんの話から、消費税を増税した日本の未来の姿が見えてきました!

お金が無いから増税は真っ赤なウソ!


小口:鼻息の荒い野田総理。2014年4月に8%、2015年に10%という消費税増税案ですけれども、野党はもとより民主党内からも反対意見が相次いでおります。じわじわと消費税があがってきてますが。ところで、しおりちゃんは何年生まれですか?

仲俣:1992年です!

小口:日本で消費税が導入されたのは1989年(平成元年)の4月1日から。となると、しおりちゃんは?

仲俣:もう当たり前のように(消費税)ありましたね。生まれた時は。

小口:100円のものに103円払うのだって、びっくりしましたよね。

森永:計算できないんですよ。3%というのが。

小口:のち1997年に5%に引き上げられましたが、今度は10%に…という状態です。しおりちゃん、なんで野田総理が消費税をアップしようとしているのかって、考えたことある?

仲俣:お金が足りないからっていう単純なことはわかるんですけど。それが何に使うために必要なのかなっていうのは、理解してないですね。

森永:一応、表向きの説明はそうなっているんですけども。多分ですね。財務官僚の人に騙されて、すっかり“消費税をあげないといけない”っていう風に、信じ込んじゃっている…というのが野田総理の現状なんだと思うんですね。

小口:別にこれ民主党になったからって“消費税あげます”って急に変わったわけじゃないんですよね?

森永:いや、民主党は2009年の選挙の時に“まず歳出削減が先だ”と“だから政権を握っている4年の間は、消費税はあげません”っていって選挙をやったんですよ。

小口:でも、マニフェストを全部やぶってく・・・っていうのが民主党の方針ですからね。

森永:元々、民主党が政権をとった時は、小沢・鳩山グループが主流派だったんです。で、この人たちは今でも消費税増税には反対なんです。いま、政権を握っているのは、前原・野田グループっていう、また政治の基本理念が全然違う人たちなので、この人たちは小沢・鳩山グループの政策がキライなんです。
小沢・鳩山グループの政策っていうのは、基本的に平等化政策。つまり“バラマキ”なんですよ。例えば「子ども手当出します」「高速道路を無料化にします」「農家に戸別所得補償を出します」みたいなことをやるのが小沢・鳩山グループなんです。
そして今回、野田総理が、内閣改造でやったことは小沢・鳩山一派の一掃。すべてなかったことにしたんです。一川さんっていう前防衛大臣、それから山岡賢次前国家公安委員長。2人は問責決議を受けてはいたんですけれども、この2人を外しました。で、新しい防衛大臣として、田中直紀さんが入ったことで、小沢グループ継続といわれたんですが。田中直紀さんは小沢系ではあるんですけど、純粋な小沢グループではないんです。嫁(田中真紀子)が、小沢(一郎)さんと仲が良いっていうぐらいの関係なんです。

あわせて読みたい

「消費増税」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  2. 2

    都知事がアラビア語拒否した顛末

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  3. 3

    報ステの富川アナが嫌われるワケ

    渡邉裕二

  4. 4

    倉持由香 誹謗中傷で弁護士依頼

    倉持由香

  5. 5

    米の「韓国切り」で文政権ピンチ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    コロナで航空優待券が驚きの価格

    PRESIDENT Online

  7. 7

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

  8. 8

    米スーパーで合法的万引き状態か

    後藤文俊

  9. 9

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  10. 10

    コロナ感染と減収 苦難抱えるCA

    小林ゆうこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。