記事

寄り付きの日経平均は小反落、6月配当落ちの影響も 石油関連高い

[東京 27日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は前営業日比21円12銭安の2万2320円88銭となり、小反落で始まった。その後プラスに転じ、足元では前日終値近辺で一進一退の動きとなっている。きょうは6月の配当権利落ち日で、日経平均に対し30円程度の押し下げ要因が加わるとみられている。これを考慮すれば、小じっかりの展開となっている。原油相場の上昇を受け、石油関連株が堅調に推移。ソニー<6758.T>が1%を超す上昇となっている。トヨタ<7203.T>は上昇スタートとなったが、買いが続かず軟化した。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  5. 5

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  6. 6

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  7. 7

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  8. 8

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  9. 9

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  10. 10

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。