記事

「おたふくかぜがハワイで流行」話題のニュースを心配する前に必要なことは

1/2

 おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)がハワイで流行していると、ツイッターなどで話題になっています。

 きっかけは、ハワイ現地のメディア「Hawaii News Now」の記事のようです。

 記事によれば通常、ハワイ州でのおたふくかぜの患者数は年に10人程度ですが、2017年3月の流行開始後から現在までの患者は、そのおよそ100倍の1,000人に達したということです。

 この情報がツイッターなどで話題となり、ハワイ旅行を計画する人からの不安の声や、ハワイから日本への流行の広がりを危惧する声があがっています。

 おたふくかぜ(流行性耳下腺炎・ムンプス)はムンプスウイルスによる感染症で、おもに唾液を介して感染が広がります。

 発症すると発熱やのどの痛みなどが起きるほか、耳の下にある「耳下腺」がはれることがあり、その様子が「おたふく」に似ていることからその名前が付けられています(はれないこともあります)。


CDC/NIP/Barbara Rice

 ほとんどの場合は数週間で治りますが、まれに(約0.01~0.5%)、後遺症として難聴(耳が聞こえなくなる)を引き起こすことがあります。

 いま放送中のNHKの連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロイン・鈴愛の難聴の原因とされていますので、ご存知の方も多いかもしれません(※1)

 このおたふくかぜが通常の「100倍」に増えていると聞くと、夏休みにハワイ旅行なんてとんでもないと思えてきます。流行がおさまるまで、ハワイに行くのは避けておいたほうが良いのでしょうか?

 しかし実際のデータを見てみると、話はそんな単純なものではないことがわかります。

 実はそもそも、日本は世界で有数の「おたふくかぜ大国」だからです。

日本は世界有数の「おたふくかぜ大国」

 WHO(世界保健機関)が公開しているデータベース(※2)から、おたふくかぜの報告数の最新データを見てみます。

 例えばアメリカの場合、年間の報告数は1,308人です。ほかの先進国では、例えばイギリスでは974人、カナダはちょっと多くて2,157人となっています。

 では日本は、というと。。。15万9,301人(2016年)です。アメリカ(1,308人)と比較すると、日本は人口は半分以下にもかかわらず、報告数が100倍以上にのぼっています。グラフにしてみると、日本がいかに多いかがわかります(注)。


(※2)より筆者作成 日本・イギリスは2016年、アメリカは2015年、カナダは2017年

 2016年に、日本でとんでもない大流行が起きたのでしょうか?

 前述のWHOのデータでは、日本の2015年の報告数は8万1,046人となっています。確かに2016年は多めの年ではあったようですが、しかし2015年を前提としても、他の先進国と比べて数が圧倒的に多いのは驚きですよね。

 日本における、ここ数十年の報告数の変化(※3)を見ると、数年ごとに「大流行」が起きていることがわかります。このように定期的な流行が繰り返されているのは、日本を含む東アジア地域の一部の国と、アフリカ諸国(エジプト・リビア以外)とに限られています(※4)


(※3)より引用

あわせて読みたい

「感染症」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  3. 3

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  4. 4

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  5. 5

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  6. 6

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  8. 8

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。