記事

役員報酬の最高額は、ソニー平井一夫前社長の27億1300万円

 東京商工リサーチの調査によると、現時点での役員報酬の最高額はソニーの平井一夫前社長で、歴代5番目の高額報酬となった。

 東京商工リサーチは6月25日17時現在での「役員報酬1億円以上開示企業」調査の結果を発表した。2018年3月期決算の有価証券報告書が確認された上場企業は773社。このうち、1億円以上の報酬を受け取った役員を開示したのは89社、人数は213人だった。

 25日までに開示された213人のうち、報酬額が前年より増えた役員は100人(構成比46.9%)。前年に開示がなく、2018年3月期に1億円以上の報酬を受け取った役員は68人だった。

 これまでに開示された2018年3月期の役員報酬の最高額は、ソニーの平井一夫前社長の27億1,300万円(前年9億1,400万円)で、歴代5番目。内訳は、基本報酬2億4,400万円のほか、今年4月の社長退任に伴う株式退職金11億8,200万円、業績連動報酬6億4,700万円、ストックオプション4億900万円(付与数20万株)など。

 2位がソフトバンクグループのロナルド・フィッシャー取締役副会長の20億1,500万円(前年24億2,700万円)、3位がマルセロ・クラウレ取締役副社長COOの13億8,200万円(前年開示なし)、4位がラジーブ・ミスラ取締役副社長の12億3,400万円(前年開示なし)、5位がLIXILグループの瀬戸欣哉代表取締役社長兼CEOの11億2,700万円(前年5億2,600万円)と続く。

 役員報酬が1億円以上を開示した89社(人数213人)のうち、開示人数の最多は東京エレクトロンの10人(前年9人)。以下、ソニーが9人(同10人)、三井物産が8人(同5人)、LIXILグループが8人(同4人)、日本精工が8人(同4人)と続く。

 自動車メーカーでは、トヨタ自動車が5人(前年6人)、本田技研工業が2人(前年1人)、三菱自動車工業が2人(前年開示なし)、SUBARUが1人(前年1人)となっており、他の自動車メーカーの個別開示も注目される。

MONEYzine編集部[著]

【関連記事】
1億円以上の役員報酬を受け取ったのは14社26人【東京商工リサーチ調査】
役員報酬1億円以上の上場企業と人数が過去最多に 長者番付上位は資本市場の活用がカギか
経済産業省、「攻めのIT経営銘柄2018」を発表、銀行業からは三菱UFJとみずほが選出

あわせて読みたい

「役員報酬」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。