記事

誹謗中傷でしか他人とつながれない|匿名掲示板という「負のつながり」の場

1/2

hagexさんの事件(福岡刺殺事件)で、容疑者ではないかと思われる、はてなで「低能先生」と呼ばれていたアカウントについて、荒らしの動機を推測した文章を読んだ。

低能先生はただ話がしたかったんだろうな|はてな匿名ダイアリー

※hagexさんの事件についての詳細はこちら
社会に居場所がない側から、hagexさんの事件を思う

話したいのに、罵倒しかできなかった

秋葉原の加藤も一緒だけど、自己肯定力の低さとかが邪魔して、世間をひねくれた目でみてしまうようになって、他人と普通の話なんてできなかった

俺は悪くない、おまえが悪いおまえが悪い、と罵倒しながら、目的は罵倒ではなくて他人と会話をすることだった

だから、低能先生は、話を振ると罵倒だけど答えてくれていたんだよね

低能先生がおかしくなったのは、その唯一の外界との接点である荒らしを奪われたことだったんだろう

端から見ると迷惑きわまりないが、あの罵詈雑言誹謗中傷は彼の唯一の外界と接するためのコミュニケーションだったのだ

上記については、こんな意見があった。

一方的に罵詈雑言投げつけられてるのに会話になんかなるわけねえだろ。本当に会話がしたかったのなら俺らじゃなくて自分が変わればいいのであってそれが出来なかったのを俺らのせいだって言われても困る

もっともな意見だ。
普通の人は、何の面識もないのに「低能」と罵倒してくる赤の他人につきあってはくれない。

「低能先生」と呼ばれていた人が会話できるようになるには

ここで、「低能先生」と呼ばれていた人(Aさん)の特徴について考えてみる。

  • 自己肯定力の低さなどのため、世間をひねくれた目で見てしまう

  • 他人と会話できないから、罵倒するしかなかった

  • 会話できるように変わりたくても、変わり方が分からなかった

  • 他人と接点を持てる場が、リアルでは少なかった

つまり、Aさんが他人とコミュニケーションを取れるようになるためには、下記が必要に思える。

  • 自己肯定力を高くする方法を学ぶ

  • 罵倒以外の、会話方法を学ぶ

  • ネット上でいいので、他人と接点を持てる場を複数持つ

だから、たくさんいるであろうAさんのような人の手助けをするには、下記をすればよいのではと思う。

  • 自己肯定力を高くする方法を紹介・サポート

  • 罵倒以外の会話方法を紹介・サポート

  • 会話に慣れない人のための、他人と接点を持てる場づくり・紹介・サポート

箇条書きにすると簡単に見えるが、これは大変だ。

たとえば、Aさんと私が会話するとする。

Aさんは罵倒しかできないので、私を罵倒してくるだろう。
それを上手く受けとめながら、Aさんのことを聞き出し、ほめて、少しずつ信頼を得る。
その中で、「こうするともっと会話が楽しくなるかも」と罵倒以外の受け答え方、会話の始め方などを紹介して、実践してみる。
会話ができるようになると、自己肯定力も上がってくる。
並行して、自己肯定力を上げるために、会話以外のこと(ひきこもりの人だったら、5分ずつ外に出る時間を増やしていくとか)もサポートして、日常生活に自信が持てるようにしていく。
慣れてきたら、ネット上で他人と接点を持てる場を紹介し、複数の人との会話を実践してみる……

1人のサポートならできるが、Aさんが100人いたら無理だ。
そもそも、こういったことを無料でやってくれる場は存在するのだろうか?

あわせて読みたい

「福岡闇ウェブ専門家刺殺」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  2. 2

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  3. 3

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  4. 4

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    コロナ対策 順調なフリが1番悪い

    岩田健太郎

  6. 6

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  7. 7

    東京マラソンは中止決断が最善手

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  9. 9

    佳子さま ニート批判受けて変化

    文春オンライン

  10. 10

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。