記事

ブロガー刺殺事件は、はてな社にも対策を求めるべき。



もう少し書いておきます。

はてな社はなんとかできなかったのか?

いやね、ぼくもネットの住民なんで、こういう事件は「どうしようもないな……」というのもわかりますよ。

でも、それでもなお、はてな側でできることはあったのでは?と思うわけです。

今回の場合、犯人は「何度もアカウントを取得して迷惑行為を行っていた」という事実があるわけです。

これ、そもそもはてな側で、不正を働いたユーザーがアカウントを多重取得できないようにすべきなんですよ。

そういう仕様にしてしまえば、手も足もでなくなります。

もっとも簡単なのは、SMS認証を要求することでしょう

何度もアカウントを取るユーザーに対しては、電話番号を用意させるわけですね。

迷惑行為が複数のユーザーから通報された時点で、運営が判断し、SMS認証を求める。認証を突破しないと何もできない」みたいにしてもいいでしょう。

免許証やパスポートをアップロードさせるのも効果的かもしれません

「お前は別に匿名じゃないんだぞ」という意思を伝えるだけで、かなり抑止になりそう。

もう少し高度にやるなら、デポジットを求めるのもありです。

アカウントを追加で取得する際に、3,000円のデポジットが求められ、BANされたら没収。

そういう仕組みにするんです。これだけで、悪質なユーザーの大部分を排除できるはずです。

はてな社は、通報行為を一部のユーザーたちに委任して、コミュニティを巡回してもらうのもいいでしょう。

没収されたデポジットを、ボランティアへの報酬としてもいいかもしれません。

ポイントとしては「迷惑行為が仕様的にできないようにする」ということです。

もしも、アカウントの多重作成がシステム的に不可能であれば、今回の事件は、少なくとも当該ブロガーに矛先が向かうことはなかったのではないか……と思ってしまいます。

とはいえ、こういう人は破壊衝動を別のところで発散してしまうので、そこはなんとも難しいですが……。

「安心して情報発信ができる土壌を作る」のは、はてな社が積極的に関わっていくべきテーマです。

ぼくが言うまでもなく、中の人は自覚していると思いますけどね。

同様の問題は各種のSNSでも発生しているでしょうし、業界をあげて対策が取られるといいですね……。

あわせて読みたい

「福岡闇ウェブ専門家刺殺」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  6. 6

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  7. 7

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  10. 10

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。