記事

限度額撤廃でも地銀との協業は進めたい=長門・日本郵政社長

[東京 26日 ロイター] - 日本郵政<6178.T>の長門正貢社長は26日の定例会見で、傘下のゆうちょ銀行<7182.T>の預入限度額の撤廃を巡り、民間金融機関からの反発が出ていることについて、引き続き地銀と共同ファンドなどの協業を進めていきたいとの意向を示した。

ゆうちょ銀は地銀と地域活性化を図るための共同ファンドをすでに11立ち上げている。長門社長は「地域にエクイティ性の資金を入れるニーズがあったので立ち上げた。これまでに相応のノウハウもたまり、アドバイスもできる。郵政側は引き続きやりたいし、ニーズがあるのでできると思っている」と語った。

長門社長は、限度額が1000万円から1300万円に引き上がって2年が経過してもゆうちょ銀には預金が集まっていないとし、「(限度額を撤廃しても)一斉に流れてくる絵はなかなか想像できない」と述べ、金融庁や民間金融機関の懸念は当たらないと指摘した。

(布施太郎)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  4. 4

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  5. 5

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  6. 6

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  7. 7

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  8. 8

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  9. 9

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

  10. 10

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。