記事

混迷の財務次官人事 有力紙の報道が決定的に割れた理由


【次官人事を巡って何が起きている?(EPA=時事)】

 一連の霞が関をめぐるスキャンダルは、長くこの国を動かしてきた「官僚政治」の終焉を印象づけた。安倍官邸の一強支配により、権力も権威も失った中央官庁は今、どのように変質しようとしているのか。加計問題を追及した『悪だくみ』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した森功氏が、霞が関で始まった新たな権力闘争の内幕をレポートする。(文中敬称略)

 * * *
〈財務事務次官に星野主税局長 福田氏の後任、財務省調整〉

 朝日新聞をはじめ、全国紙が軒並み財務省の事務次官人事を報じたのが、6月3日の朝刊だった。言うまでもなく例のテレ朝の女性記者に対するセクハラ問題による福田淳一の事務次官辞任を受けた後任人事である。

 財務省では、一足先に森友学園の土地取引を巡る公文書改ざんで前国税庁長官の佐川宣寿が辞任している。事務方ナンバー1とナンバー2がそろって空席、という異常事態が続いてきた。それだけに、新聞各紙はむろん、マスメディアが人事の行方に神経を尖らせてきたといえる。

 安倍政権に厳しい朝日や毎日だけでなく、政権寄りと見られる読売などが、次期事務次官として現主税局長の星野次彦(58)の名を挙げた。だが、なぜかこの日、日本経済新聞だけが財務省人事に触れない、いわゆる特オチ状態になる。

 それから1週間経った10日、その日経が、唐突にこう報じて関係者を驚かせた。

〈財務次官に浅川財務官 財務相が方針〉

 日経とともに共同通信が、事務次官の最有力候補として財務官の浅川雅嗣(60)と報じたのである。福田の後任事務次官として主税局長の星野を挙げる朝日や読売に対し、財務官の浅川を名指しする日経と共同。7月の定期異動が間近に迫った財務省事務方トップの次官人事で、有力紙の人事報道がこれほど決定的に割れた記憶はない。いったい何が起きているのか。

 安倍一強政治の下、首相官邸によって霞が関が支配されているといわれて久しい。支配の対象は、日本最強の頭脳集団といわれる財務省も例外ではない。

 図らずもそれを如実に物語っているのが、昨年来の森友学園問題だった。およそ8億円も値引きして国有地を払い下げた財務省は、土地取引における首相夫人と森友学園の不可解な関係に悩んだ末、あたかもそれを隠そうとしたかのような公文書の改ざんに手を染めていった。ときの理財局長だった前国税庁長官の佐川が安倍政権を守り抜こうとして無謀な犯罪行為に走ったのは、誰の目にも明らかだ。

 挙げ句、組織そのものが揺らぎ、財務省は解体論まで取り沙汰される始末である。旧大蔵省時代から、ときの政権の政策を導き、首相を動かしてきた財務省は、往年の威光がすっかりナリを潜め、見るも無残というほかない。安倍一強政権に功罪があるとすれば、財務省の体たらくは、間違いなく罪の象徴ではないだろうか。

 そんな崩壊寸前の組織をいかに立て直すか。生き残りをかけた組織防衛の必要性に迫られている財務省の難関が、今度の事務次官や国税庁長官の2トップ人事だろう。そしてその人事にも、官邸支配が影を落としている。

 通常、7月におこなわれる各省庁の主要幹部の定例人事は、事前に内閣人事局によって選抜され、6月中旬の閣議で決定される。モリカケ問題で揺れていた昨年は例外として、その前年は6月14日の閣議で、新任の事務次官人事が決定されている。だが、今年は大幅に遅れ、いまだ見通しが立っていない。

「財務省では、次官はむろん局長や審議官が決まらないので、それ以下の人事がすっかり滞っています。そのせいで7月に予定されていた重要政策会議のスケジュールを後ろ倒しにするよう各部局に通達があったばかり。いつもより2週間遅らせていますが、それでも、いまだトップ人事がどうなるのか、見えてきません」

 6月の第3週に取材したある財務省主計畑の中堅幹部は、内情をそう打ち明けてくれた。第二次安倍政権で2014年5月に新設された内閣人事局は、官邸による霞が関支配の力の源泉として知られる。加藤勝信や萩生田光一ら首相の側近代議士が歴代の内閣人事局長を務め、昨年8月から警察庁出身の杉田和博官房副長官にその任のバトンが渡された。官房長官の菅義偉の指揮下、1府12省庁の事務次官や局長、審議官といった幹部600人の人事を一手に握り、官僚たちを震えあがらせてきた。

 そこに、官僚による政権への忖度が生じ、森友・加計問題に発展した行政の歪みを露呈してきた。本連載「日本を腐らす暗闇」の第1回はまず、前代未聞の公文書改ざんで揺れた財務省のトップ人事を巡る官邸と財務省の攻防から始める。

◆エース温存のためなら

「もともと福田さんは、森友問題の責任をとって6月の次官退任という路線が固まっていました。実は5月の黄金週間明けには、官邸に岡本(薫明)主計局長の後任次官就任の原案が提出され、内定する予定でした。ところが、そこへセクハラ問題が起きてしまった。それで完全に人事が狂ってしまったのです」

 そう説明するのは、主税畑の別の財務省幹部だ。

 財務省では、国家の予算を預かる保守本流の主計畑からの次官就任が、なかば既定路線になってきた。財務省の事務次官レースを勝ち抜くには、主計官、主計局次長、官房長、主計局長といった重要ポストの役職経験が不可欠だとされる。

 岡本は2006年から3年間、主計局主計官を務め、2012年に主計局次長、2015年官房長、昨年7月に主計局長の任に就いた。いわば財務省にとって、エース中のエースであり、事務次官就任は、順当な人事といえる。

 だが一方で、森友問題が騒ぎになった官房長時代の最後の半年は、国会対応責任者として奔走した。いわば森友問題の当事者だ。

 おまけにセクハラ問題のせいで、次官の就任が前倒しになると、着任早々、公文書改ざん問題の調査発表に直面する。ただでさえ、ボロボロになっている財務省で、再起を託されて登板したエースが、火だるまになる危険性があったのだ。

 むろんそれは財務省だけの問題ではなく、政権を直撃する。そんな思惑から、官邸が予定された岡本の事務次官就任に難色を示した。先の主税畑の財務省幹部が続ける。

「岡本新次官の財務省原案に代わり、官邸の意向で出てきたのが、星野主税局長の次官就任でした。主税局長経験者からの次官就任はイレギュラーですが、大蔵省時代の接待スキャンダル(*)で薄井(信明)さんが国税庁長官を経て1999年に就任したときと状況が似ています。主税局長や国税庁長官はスキャンダルとは縁がないので、適任なのです」

【*1998年、大蔵官僚らが銀行や証券会社から「ノーパンしゃぶしゃぶ」などの過剰接待を受けていたことが発覚。7人の官僚が逮捕・起訴された】

 いわゆる緊急避難的な1年限りの事務次官のショートリリーフだ。財務省としても、エースである岡本を温存し来年に備えられるので、飲みやすいように思える。

 では、なぜ日経が報じたような財務官の浅川の次官抜擢説が飛び出したのか。浅川は主計局勤務も経験しているが、むしろ国際畑が長い。2014年に財務省国際局長、2015年から財務官を務め、国際畑だけに、こちらも身ぎれいだとされるが、理由は別のようだ。

「浅川さんを推しているのは、麻生さん。麻生政権時代の首相秘書官だった浅川さんに対する信頼もあるが、それより財務省の守護神を自任している麻生さんは、なんとか組織を立て直したいという思いが強い。財務省サイドからの要請を受け入れたのだと思います」(同前・財務官僚)

 つまるところ、官邸側の意向として星野の名前が挙がり、財務省側はそれに浅川で対抗しているのだという。

 ちなみに岡本は1983年入省で1961年2月生まれの57歳、星野も同期入省だが1959年11月生まれの58歳。浅川は彼らより2年早い1981年入省で1958年1月生まれの60歳だ。解体の危機まで囁かれている財務省としては、この年齢差が大切なのだ、と主税畑の財務官僚(前出)が次のように言う。

「とどのつまり財務省は、岡本さんを次官にしなければ組織を立て直せないという思いがある。だから60歳の浅川さんをショートリリーフに立てたい。もし浅川さんがこけたら、次の1年で星野さんが次官になり、その次に岡本さんを持ってくる。そんな形まで考えているはず。今度の問題は1年でほとぼりが冷めるとは限らない。岡本さんにつなげるまでに、そのくらいを想定しているのではないでしょうか」

※週刊ポスト2018年7月6日号

あわせて読みたい

「財務省」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  5. 5

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  7. 7

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  8. 8

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  9. 9

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  10. 10

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。