記事

野田総理の失政方針演説

1/2
ちょと遅れましたが、野田総理の失政、いや、施政方針演説にリンクを貼っておきます。

http://www.kantei.go.jp/jp/noda/statement/201201/24siseihousin.html

野田内閣の課題は
・大震災からの復旧・復興
・原発事故との戦い
・日本経済の再生
・社会保障と税の一体改革ー持続可能な社会保障制度を再構築する
だそうです。

Ⅰ.上三つについて、今までやってきたことを見ると、何言ってるんだか、と言うのが正直な感想です
抽象的な耳触りのいい言葉の羅列で、非常に空虚なものに感じました。巧言令色少なし仁演説と表現したらいいでしょうか。

例えば
「復興特区制度などを活用して、内外から新たな投資を呼び込むとともに、被災した企業の復旧を加速させ、被災地の産業復興と雇用確保を進めます。
 ふるさとが復興する具体的な未来図を描くのは、他ならぬ住民の皆様自身です。地域のことは地域で決める、という地域主権の理念が、今ほど試されている時はありません。多様な主体が参加した住民自治に基づく、開かれた復興を全力で応援します。」
などと一見住民本位の復興を目指すかのような殊勝げな意気込みを見せていますが、実際には漁業権を漁民から奪う水産特区構想を進めたり、TPPに強引に参加を決定したり(TPPに参加したらこれからどうやって東北の第一次産業を立て直していくのか・・・)、ショックドクトリンを地でいく路線を変えようとする意思は政府にはいっこうに見られません。

●原発に関しても
「原発事故と戦い抜き、福島再生を果たす。東京電力福島第一原発の事故との戦いは、決して終わっていません」などと述べていますが、早々と収束宣言を出して各方面から大ひんしゅくを買ったのはどこの誰なんだか、と言いたくなります。

「福島の再生なくして、日本の再生はありません。」と謳い「病院や学校などの公共サービスの早期再開を図るとともに、とりわけ子どもや妊婦を放射線被害から守るため、生活空間の徹底した除染、住民の皆様の健康管理、食の安全への信頼回復に取り組むとともに、被災者の目線に立った公正で円滑な賠償に最善を尽くします。

また、関係する市町村や住民の皆様の御意向を十分に把握し、警戒区域や避難指示区域の見直しにきめ細かく対応します」と述べていますが、SPEEDIの情報を国民には隠して米軍にだけ伝えたり福島の子どもの医療無償化を見送ったり自主避難者への賠償が実にお粗末だったりしているわけで、今後こういう棄民体質をどう直していくつもりなのか、全く見えてきません。

(ところで「原発事故の原因を徹底的に究明し、その教訓を踏まえた新たな原子力安全行政を確立します」「失われた原子力安全行政に対する信頼回復とその機能強化を図ります。」といってるところからしても、野田政権はやはり原発再稼働に意欲満々ですね。)

「分厚い中間層を復活させるためにも、中小企業を始めとする企業の競争力と雇用の創出を両立させ、日本経済全体が元気を取り戻さなければなりません。企業の国内投資や雇用創出の足かせとなってきた様々な障害を取り除き、産業と雇用の基盤を死守します。」
ならば何故消費税を大増税しようとするのか、消費税を上げれば痛手を被るのは中小企業で、美味しい思いをするのは輸出をメインとする大企業ではないですか。雇用を守りたいというなら、何故労働者派遣法案を骨抜きにしたのですか。「分厚い中間層」どころか、ますます中間層は空洞化、格差が拡大していくのは目に見えています。

こういった感じで、野田総理の施政方針演説は口当たりのいい言葉を適当に並べただけで、結局何も言っていないに等しい空虚な空文にしか感じられません。言うだけなら誰だってできます。

Ⅱ.ああ、空虚ではない、実際に実行しようとする項目がありました。社会保障と税の一体改革です。

「消費税、あげます!
でもそのまえに我々が身を切ります!
そうして社会保障も切っちゃいます!」

という小泉改革劣化版開き直り構造改革が「社会保障と税の一体改革」なのですが、まず増税と言えば間接税で逆進性の強い消費税の増税ありきというのが間違っていることはさんざん過去に書いてきました。
見直して切るべき分野として真っ先に社会保障をあげるところが大多数の持たざる庶民蔑視、財界・富裕層優遇の日本政府の伝統を踏襲していますね。
社会保障に当てるとの名目で庶民に痛みを求める消費税を導入してこのかた、一度だって社会保障が充実の方向に向かったことはありませんでした。それどころか小泉時代は年2000億円ずつ削減されてきたのです。
「持続可能な社会保障制度を再構築」だそうですが、こんな冷酷な社会保障制度に再構築されたって国民は不幸になる一方なんですけど。

財政立て直しにメスを入れねばならない分野を政府は間違っています。政党助成金、官房機密費、軍事費、思いやり予算等々が切らねばならない分野の筆頭でしょう。
そうそう、思いやり予算で思い出しましたが、こちらを是非。
http://twitter.com/oowakitomosan/status/161566727321296897/photo/1
@oowakitomosan
大脇 友さん 米海兵隊グアム移転費、にほんが2年間で900億も支払ったが、殆ど使われずに3億もの利子がついたまま米財務省の通帳に眠ってるらしい。凍結されているグアム移転計画に金を出すなどもってのほか!全額を即刻返してもらい復興資金に回すべきだ
赤旗&友さんGJ!
野田総理、こういうことちゃんとやりましょうよ。

Ⅲ.ところで野田総理は過去、消費税増税についてこんなことを言っちゃってます。もう詐欺の域を超えた明白な「大嘘」のレベルです。

野田総理 マニフェスト 書いてあることは命懸けで実行

『マニフェスト、イギリスで始まりました。
ルールがあるんです。
書いてあることは命懸けで実行する。
書いてないことはやらないんです。
それがルールです。

書いてないことを平気でやる。
これっておかしいと思いませんか。
書いてあったことは四年間何にもやらないで、
書いてないことは平気でやる。
それはマニフェストを語る資格がないと、
いうふうにぜひみなさん思っていただきたいと思います。』

だそうです。
ああ、なんというブーメラン・・マニフェストのどこに消費税を不退転の決意であげるって書いてありましたっけ?

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ダンボール箱2個に現金1億1400万円 匿名の寄付金に感謝

    笹川陽平

    11月30日 09:14

  2. 2

    岸田首相の決心を高く評価します そして日本の今の状況で政府は何をすべきか

    中村ゆきつぐ

    11月30日 09:12

  3. 3

    サイゼリヤで感じた「日本はこれで良いのか感」

    内藤忍

    11月29日 10:46

  4. 4

    前代未聞のスピードでオミクロン株対策を実行 岸田首相が発揮した鋭さ

    早川忠孝

    11月29日 16:06

  5. 5

    東京都内の衆議院議員が5名増える!次回の衆院選は「10増10減」決定へ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    11月30日 09:53

  6. 6

    立憲民主党の新代表に泉健太氏を選出 決選投票で逢坂誠二氏を破る

    ABEMA TIMES

    11月30日 15:18

  7. 7

    鬼束ちひろ容疑者をいじるな 「メンヘラ」と安易に言ってはいけない

    常見陽平

    11月29日 09:24

  8. 8

    さて、立憲民主党は泉健太新代表の下で生まれ変わるかな?

    早川忠孝

    11月30日 15:54

  9. 9

    40代のシングルマザーが離婚後に学習塾へ通い始めた理由とは

    工藤まおり

    11月30日 10:06

  10. 10

    秋篠宮さま、眞子さんの結婚儀式「行うのが適当だった」

    ABEMA TIMES

    11月30日 09:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。