記事

発達障害の子を受け入れることが「できない」親|新幹線殺傷事件1

1/2

新幹線内で乗客3人が殺傷された事件で、容疑者の母親は「一郎は小さい頃から発達障害があり大変育てにくい子でしたが、私なりに愛情をかけて育ててきました」とコメントを出している。

容疑者の母「自殺はあっても他殺なんて思いも及びませんでした」コメント全文|産経WEST(魚拓)

(※現在は「一朗は私なりに愛情をかけて育ててきました」と修正されている)

小島容疑者のこれまで

小島容疑者は、どんな人生を送ってきたのだろうか。

週刊文春 6月21日号[雑誌]」によると、5歳の時、児童保育所からアスペルガー症候群(発達障害の一種)の疑いを指摘されている。

「ところが母親は『そんなの大きくなれば治る』と病院にも通わせずに、放置していた。父のS氏の説明だと、『成長は遅いと思っていたけど、学校の先生に"この子は普通ですよ"と言われたので、病院や特殊学級には入れなかった』と言っていました」

(親族談)

中学生の時に不登校となり、父親とも不仲になる。

中学二年時に、母親が相談したNPO法人代表は、小島容疑者をこう語っている。

「うちは居場所のない人を支援する自立支援NPOで、母親から相談を受け、一朗くんをうちのシェルターで預かることになりました。彼は整理整頓が出来ないところがあったくらいで、手のかからない子でした。定時制高校に入学したのですが、成績はオール5で四年かかるところを三年で卒業したくらい優秀。他の人とトラブルを起こしたこともない」

小島容疑者は、この施設から中学・定時制高校・職業訓練校に通い、5年間集団生活を送った。
職業訓練校卒業後は、機械修理会社に就職。一人暮らしを始める。

「彼は理解力が高く仕事は優秀で、人間関係も特に問題はなかった。親会社から発注される機械の修理を担当していましたが、いくつも資格を持っており的確にこなしていた印象です」(機械修理会社の社員)

しかし、社内でいじめにあい、翌年退社してしまう。

その後は、下記の経緯をたどっている。

実家にひきこもり、家出と警察による保護を繰り返す

病院に2ヶ月入院、自閉症と診断される

退院後、母方の祖母と養子縁組をする

昨年11月から障害者支援施設で働きだすが、1ヶ月で辞める

「自殺する」と言って家出し、半年間寝袋で野宿しながら長野県内を転々

今回の凶行

発達障害の子を受け入れられない親

ネット上では、祖母と養子縁組させた両親、「自分は『生物学上の産みの親』である」と発言し「一朗君」と連呼した父親、そして、事実を直視するのに時間がかかるからそっとしておいてほしいとコメントを出した母親が非難されている。

前述の「週刊文春」掲載の父親インタビューを読んだ人はおそらく、「愛情のない父親が悪い」と感じるだろう。

しかし、こうも思うのだ。

発達障害の子を受け入れることができない親は、どうしたらよいのだろう?

もう少し広げると、

発達障害や精神疾患の家族(親・子・兄弟姉妹・配偶者など)を受け入れることができない人は、どうしたらよいのだろう?

あわせて読みたい

「発達障害」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    富田林署員エロサイト閲覧に衝撃

    赤木智弘

  2. 2

    鳩山氏がバラした球界OBガン罹患

    NEWSポストセブン

  3. 3

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    HUAWEI巡り中国人エリートに激震

    WEDGE Infinity

  5. 5

    絶望的にスマホ無知 日本の現状

    キャリコネニュース

  6. 6

    河野氏の答弁拒否より大きな問題

    大串博志

  7. 7

    医学部入試不正を生む奴隷的現場

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    昭恵氏 居場所なくほぼ軟禁状態

    SmartFLASH

  9. 9

    同僚へ告白し玉砕 社内で噂に

    キャリコネニュース

  10. 10

    iPhoneに勝る?「Pixel 3」の魅力

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。