記事

地震の帰宅難民・駅難民を減らすため鉄道会社は厳しめの見通しで運行状況をアナウンスしてほしい

写真:通勤ラッシュ時に人身事故で
駅に人があふれかえる首都圏の駅

先日発生した大阪での地震。
平日の朝に起きたため、出勤・通学ラッシュとかぶったため多くの帰宅難民、出社難民、駅難民を生み出した。
関西圏の鉄道がほぼ全滅し、運行が再開されたのが夜になった鉄道会社が多かったため、帰宅難民、駅難民にさらに拍車をかける結果となった。

自然災害時だから仕方がないと思うのだが、鉄道会社は早めに運行再開が長時間にわたることないしは当日はほぼ不可能みたいな、厳し目の見通しをアナウンスしてほしいということだ。

もしかしたら動くのではないか。
1時間ぐらい待てば。
3時間ぐらい待てば。
お昼ぐらいには。
夕方には。
みたいな、そうした期待を持った人がただひたすら駅で待つ、みたいな事態になるとより混乱や難民を増やすだけではないかと。

東日本大震災の時にもっとありがたかったのは、JRが早々と当日の運行中止を決定したことだった。

そのおかげで帰宅をあきらめられた。
もう今日は電車動かないから無理。
会社に泊まろうと早く決断できた。
早めに今日の運行は無理とアナウンスしてくれたからだ。

もしそうでなければ、もしかしたら動くかもしれないと駅で長時間待った挙句、結局動かないみたいな最悪の事態になっていたはずだ。

動かないなら動かないと決めてくれたら他の手段なり方法を考えられる。
でも動くかもしれない。
しかも、なんかもう少しで動きそうだから駅で待ってようみたいな状態で、どんどんどんどん再開予定時刻が遅くなるだけだと難民は増えるし、他の方法をとれない人が増えてしまうだけ。

この問題はかなり深刻で、大阪府は鉄道会社各社に運行再開の公表基準の統一を求めている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000007-mai-soci

また運行再開情報を誰もがみれるように、鉄道会社はツイッターなどをぜひ活用してほしい。
駅に行かないとわからない、駅員に聞かないとわからない、みたいな状況だと駅に人があふれ、駅員にいろんな人が同じ質問をし、結局余計に復旧が遅れることになる。

駅で待たせる、駅でアナウンスじゃなく、災害時に逐一ツイッターで状況をお知らせしてくれれば、駅で待たなくても済み、駅難民を減らせるはず。

今後さらに大きな地震が起きた場合、帰宅難民、駅難民はさらに大変な事態となる。
まだまだこの先、日本では大きな地震はもちろん、台風などの自然災害も起きる。

そんな時にもしかしたら、ちょっと待てば運行再開ができるんじゃないかと期待を持たせたり、駅にいないとわからないみたいな状況はまずすぎる。

難民を減らすためにも、いち早く復旧するためにも早い段階で多めに見積もって、たとえば「6時間は無理」みたいなことをアナウンスした上で、 「逐一運行再開情報はツイッターで流します」
みたいにしてくれたら多くの難民が助かるに違いない。

大阪地震を教訓に、東日本大震災を教訓に、帰宅難民、駅難民対策は急務なのではないかと思う。

*東日本大震災時は政府発表で「出社している人は無理して家に帰らないように」というアナウンスも効果的だった。

あわせて読みたい

「電車」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。