記事

【ロシアW杯】セネガル系選手はなぜセネガル代表でプレーするか? アフリカ・サッカーの光と影

1/2
  • セネガル代表メンバーの3分の1以上がヨーロッパ出身者で、「アフリカの才能の還流」は他のアフリカの代表チームでもみられる

  • そこにはヨーロッパにおける人種差別の影響がみられるが、同時に「アフリカの才能の還流」はアフリカ各国の代表チームの底上げにもなる

  • ただし、それは結果的に、ヨーロッパでプレーすることを夢見る子どもを食い物にする闇ビジネスを加速させかねない

 2002年の日韓大会以来、16年ぶりにW杯に帰ってきたセネガル代表は、海外のクラブチームに所属する選手だけで構成されている。これは、モロッコなど他のアフリカの代表チームが少なくとも何人かは国内リーグの選手も含んでいることと比べても異色だ。

 そのなかには親がセネガル人でもヨーロッパ出身の選手も多く23人中9人がこれにあたり、うち8人はフランス出身だ(フランスはセネガルをかつて植民地支配した歴史があり、フランス語圏のアフリカ諸国からの移民も多い)。

 フランスで生まれ、フランスで活躍する選手が、ルーツであるセネガルの代表チームの一員となる背景には、人種差別の問題がある。ただし、これはヨーロッパとアフリカのサッカーをとりまく影の一部に過ぎない。

アフリカの才能の還流

 FIFAの規定は、生まれた国以外でも、親や祖父母の出身国の代表チームに参加することを認めている。

 しかし、移民の子としてヨーロッパで生まれた者や、幼い頃に移住して外国籍を取得した者がアフリカの代表としてW杯に参加することは、以前はさほど多くなかった。例えば2002年の日韓大会に出場したセネガル代表23人のうち、ヨーロッパ出身者は3人だけだった(フランス出身は2人)。

 ところが、先述のように、ロシア大会でのセネガル代表の場合、ヨーロッパ出身者は3分の1以上にのぼる。このなかには、トリノFCのエムベイェ・ニアン、SSCナポリのカリドゥ・クリバリ、ASモナコのケイタ・バルデ・ディアオなど、名門クラブに所属する選手も含まれる。

 アフリカ系ヨーロッパ出身者がアフリカの国の代表チームに参加する状況は、「アフリカの才能の還流」とも呼べる

不利に扱われることへの不安

 「アフリカの才能の還流」は、セネガルだけでなく他のアフリカ諸国でもみられる。例えば、ロシア大会のモロッコ代表の場合、23人中17人がオランダなどヨーロッパ出身者だ。

 なぜ、彼らは自分の生まれた国ではなく、アフリカの代表チームの一員となることを選ぶのか。

 もちろん、ヨーロッパの強豪国で代表チームのメンバーになる競争の激しさもあるだろう。しかし、ヨーロッパで広がる人種差別が「アフリカの才能の還流」を後押ししていることも無視できない

 例えば、2016年5月、フランスではヨーロッパ杯に出場する代表チームが北アフリカ系であることを理由に2人の選手を招聘しなかったという批判が一部で噴出。この2人はそれぞれアルジェリア系、チュニジア系の、カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)とハテム・ベン・アルファ(OGCニース)だった。

 フランス代表チームは人種のバランスをとって編成される傾向がある。この2人以外の北アフリカ系選手が選ばれていたこともあり、この選択が差別的なものか、「監督のチーム構想の結果」なのかをめぐり、フランス国内で大きな議論となった。

 こういった出来事は珍しくなく、それ自体が北アフリカ系を含むアフリカ系の、特に若い選手に、「不利に扱われる」ことへの懸念を広げてきたことは疑えない。それは結果的に、ルーツの地であるアフリカの国の代表チームへの参加を選択させる一因になってきたといえる。

人種差別を取り締まる限界

 ヨーロッパ・サッカーにおける人種差別は、2000年代初頭から目につくようになった。それ以降、FIFAも人種差別を無視してきたわけでない。

 FIFAの規定は、あらゆる差別を禁じている。また、2002年から国際人種差別撤廃デー(3月21日)に合わせて差別反対キャンペーンを始め、2006年には懲罰規定を改定。人種差別的な言動に対する、罰金やその後の試合開催の禁止を含む厳しい処罰が盛り込まれた

 しかし、2008年のリーマンショックに端を発する不景気や、2014年からの難民危機のなか、ヨーロッパ全体でヘイトクライムが増えるのに並行して、サッカー界でも人種差別的な言動が急増している。

 そのうえ、FIFAの規定はクラブではなく、選手やサポーターといった個人への対応を優先させている。そのため、懲罰が「もぐらたたき」になりやすい。

 一方、酷い場合にはクラブに試合開催の禁止などの措置がとられることもある。しかし、確信犯的なサポーターなどをクラブが逐一シャットアウトすることは不可能に近い。

あわせて読みたい

「サッカー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    今年はAmazonセールよりPayPay

    永江一石

  2. 2

    韓国経済が低迷 文政権の陥る罠

    MONEY VOICE

  3. 3

    恩を仇で…世界は日産をどう見る

    山口利昭

  4. 4

    Amazonセールはコンビニ払いが得

    S-MAX

  5. 5

    日産 ゴーン氏側の証拠隠滅警戒

    ロイター

  6. 6

    芸より視聴率 M-1はルール改正を

    松田健次

  7. 7

    仏デモ 金持ち優遇は日本と酷似

    田中龍作

  8. 8

    あおり事故 原因は運転の楽しさ

    赤木智弘

  9. 9

    「七人の侍」海外で評価される訳

    NewSphere

  10. 10

    仏暴動 他国が介入した可能性も?

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。