記事

なぜ人はスクランブル交差点に集まるのか

1/2

「日本代表」の試合があると、東京・渋谷のスクランブル交差点に大勢の人が繰り出すのが恒例になっている。なぜ人はスクランブル交差点に集まるのだろうか。宗教社会学者の岡本亮輔氏は、「スクランブル交差点は交通常識に反するもので、秩序破壊の象徴だった。渋谷駅前は、『世界最大の天国』になっているともいえる」と指摘する――。

画像を見る
コロンビア戦終了後、混雑するスクランブル交差点でハイタッチするサポーターら=2018年6月19日、東京都渋谷区(写真=時事通信フォト)

■ハリウッド映画の舞台にもなった交差点

サッカーW杯、初戦コロンビア戦の勝利後、例によって渋谷のスクランブル交差点に多くの人が集まった。2010年の南アフリカ大会では、初戦カメルーン戦の勝利後、渋谷駅前のスクランブル交差点に200人程度が集まった。歩行者用信号が青になるたびに四方から人々が集まり、ハイタッチをして喜びを表現した。2014年のブラジル大会の時には、日本戦開始から4時間にわたって、スクランブル交差点にはパイプ柵が設けられ、斜め横断ができないように規制された。そして今回も、斜め横断を禁止することで、大きな騒ぎにはならなかったようだ。

なぜ人々はスクランブル交差点に集まるのだろうか。近年では、サッカーに限らず、大晦日やハロウィンにも集まるようになっている。もちろん、渋谷という街の性格は大きいだろう。青山学院大学、國學院大学なども近く、渋谷駅から西に複数の私鉄が伸びており、沿線には若い人が多く暮らしている。渋谷は若者文化のシンボルであり、さらには東京のシンボルだ。スクランブル交差点を行く人の流れを外国人観光客が撮影した映像は、驚きとともにネットで共有されている。『バイオハザード』『ワイルドスピード』といったハリウッド映画でも、スクランブル交差点が日本を象徴する舞台として用いられた。

とはいえ、なぜほかならぬスクランブル交差点なのだろうか。代々木公園でも良さそうだし、同じく渋谷の金王八幡宮のあたりでも良さそうな気がする。そして、斜め横断を禁止すると、なぜ騒ぎは防げるのか。実は、スクランブル交差点と斜め横断は、戦後、路上が歩行者に解放されるプロセスの起点であり、斜め横断は伝統的秩序に対する挑戦だったのである。

スクランブル交差点は、1950年代の米国で考案された。考案者の名前と人々が入り混じる様子を表現して「バーンズ・ダンス」とも呼ばれた。日本では1960年代末から1970年頃にかけて、熊本市・京都市・福岡市で先駆的に設置された。当時の人々の感想は「警官にしては思いやりのあるアイデア」「遠回りしなくていいし、だいいち気分そう快」といったものだ(読売新聞1970年12月19日)。

71年3月には、東京でも試験的に導入される。「世田谷区八幡小前」「大田区入新井一小前」「調布市上布田横断路」「墨田区京島1丁目」「練馬区北町2丁目」の5カ所である。近くに小学校があるのが共通している。児童の安全確保のためだ。この頃は交通戦争が激化したがゆえに、交通啓蒙の時期でもあった。レーダーによるスピード違反取り締まり、新型アルコール検知器といった新兵器が投入された。この年の「春の全国交通安全運動」では、安全運転のドライバーに「ビニール製空気まくら」をプレゼントするという、いまいち意図のわからない「ほめる運動」も行われている。

■当時の交通常識には大きく反した

だが、歩行者はすぐにスクランブル交差点になじんだわけではない。交通は極めて近代的なシステムであるにもかかわらず、それをめぐる意識や常識には時代と地域によって違いがある。暗黙の前提が大きく異なるのだ。フランスでは歩行者が赤信号を無視するのは日常茶飯事だが、日本ではそこまでではない。逆に日本では自転車が歩道を走るのを日常的に見かけるが、フランスではまずありえない。違反した場合、かなりの額の罰金が課される。またフィンランドでは、自動車が制限速度を少しでもオーバーしていれば、即座に取り締まられる。だが日本では、たとえば制限速度100キロの道を105キロで走行していても捕まることはほとんどないのではないだろうか。そして、スクランブル交差点も、当時の交通常識には大きく反するものだった。

1970~80年代の交通意識の高まりの中、国内でスクランブル交差点は増加してゆく。重要なのは、スクランブル交差点が常に歩行者の“自由”と結びつけて語られたことだ。1971年4月26日の読売新聞では、カメラニュースとして、新宿駅東口の4カ所で始まったスクランブル交差点を空撮した写真が掲載されている。写真が紙面の4分の1ほどを占め、「広がる“自由への道”」というタイトルがつけられている。

新宿のスクランブル交差点の設置に際しては、警視総監と地元代表が「渡り初め」をしている。というのも、スクランブル交差点の設置が始まっても、交差点を斜めに横断するという身体実践がなかなか浸透しなかったのだ。同日の朝日新聞には「もっと堂々と渡ろうよ とまどいがち、新宿の斜め横断」という記事がある。先述のように、スクランブル交差点は1970年頃に始まったが、この時点では斜め横断は道交法違反とされていた。そうした過去の習慣を打破するために、渡り初めという儀式と手本が必要だったのだ。本来、直線に進むべきところを斜めに行くことが、“自由”への第一歩だった。

スクランブル交差点が象徴する“自由”の雰囲気をよく伝えているのが、1975年5月23日の「よみうり寸評」だ。文章は、恐らく論説委員だろう著者が初めて米国ワシントンでスクランブル交差点を見かけた時の衝撃から始まる。その後、日本でも見かけるようになったが、当初、斜め横断する者は「無法者」のように感じられたという。若者はまもなく斜め横断に慣れたが、中高年者はためらったり、一度縦に渡ってから横に渡ったりしていた。年配者にとって、斜め横断は「秩序破壊」にほかならなかったのだ。

あわせて読みたい

「渋谷」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  3. 3

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  4. 4

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  6. 6

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  7. 7

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  8. 8

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  9. 9

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  10. 10

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。