記事

タバコの副流煙を嫌う者として

タバコの副流煙を吸うと、どれほど苦しいか、どれほど急速に体調が悪くなるか、それって愛煙家には絶対想像できないだろう。

0歳のときから喘息体質で、今も定期的に通院し、毎日必ず薬を飲んでいるわしのような者にとっては、特にタバコの副流煙は猛毒になる。

わしはタバコの臭いにはすごく敏感で、こっそりタバコを吸っている女とは、恋愛関係になりそうになっても、即、別れた。
百年の恋も一瞬にして吹き飛ぶほど、タバコの臭いに体が拒否反応を起こすのだ。

だが、わしは、これまで絶対に嫌煙運動には加担しなかったし、これからも禁煙ファシズムには加担しない。それはセクハラの体験者が、セクハラ糾弾ファシズムに走るのと同じことだ。
自分を犠牲者だとして、ファシズムを扇動する馬鹿大衆には絶対なりたくない。

仕事場では、タバコを吸うスタッフはベランダに出て吸っている。
ベランダから部屋に戻ったスタッフの洋服からは、タバコの臭いが漂ってきて、思わず息を止めてその場を離れる。
だが、仕事場を探すときは、スタッフにタバコを吸わせるために、ベランダ付きを重要な要件として入れる。
トイレで吸われたら大変だからだ。

なんとか愛煙家の自由も認めてやろうと、わしは黙認してきた。
だが、国会で肺がん患者を参考人として呼んでおいて、その患者にヤジを投げつけるというクソ野郎は、やっぱり許せない!
選挙で落とすべきである。

だがわしは、せいぜい分煙くらいにしといてやれと思っている。
タバコを吸う奴より、その副流煙を吸わせられる者の方が健康を害するのは間違いなかろう。
わしは体験として知っている。
それでもわしは禁煙ファシズムには加担しないのである。

あわせて読みたい

「受動喫煙対策」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  2. 2

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  3. 3

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  4. 4

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  5. 5

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  6. 6

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  7. 7

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  8. 8

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    歌舞伎町 6万円もらい隠れ営業も

    國友公司

  10. 10

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。