記事

映画監督に"もう映画は終わり"と言えるか

1/2

経営者が友人を紹介するプレジデント誌の名物連載「人間邂逅」。ここでネスレ日本の高岡浩三社長と映画監督の岩井俊二氏の対談が行われた。2人の出会いは商品のコンセプトを表現する「短編映画」の制作。取り上げる商品は「キットカット」だったが、その卓越した内容は好評を呼び、最終的に長編映画『花とアリス』に結実した。気鋭の映画監督である岩井氏は、そもそもなぜ「短編映画」の仕事を引き受けたのか。2人は「新しいことに挑戦しなくなったらおしまいだ」と口をそろえる――。


『花とアリス 第一章 ‐花の恋‐』より


■テレビCMの限界を感じていた


【高岡浩三氏(ネスレ日本社長兼CEO)】はじめて岩井さんと会ったのは15年前。私がまだ菓子事業のマーケティング本部長だった頃のことです。

当時、弊社のチョコレート「キットカット」のコンセプトを15秒のCMでどうすれば伝えられるかと頭を悩ませていました。そこで、思いついたのが「短編映画」で表現するという手法です。相談先として、旧知の広告代理店の担当者に聞いたところ、唯一挙がってきたのが岩井さんでした。

【岩井俊二氏(映画監督)】そうでしたね。

【高岡】当時、テレビCMの限界を感じていました。億単位のお金を使ってテレビCMをつくって流しても売り上げが急に伸びるわけでもない。それにわずか15秒、30秒の尺では「キットカット」の「Have a break, Have a KitKat.」という全世界共通のブランドコンセプトを十分に伝えられません。

当時はインターネットによる第三次産業革命がちょうどはじまり、ブロードバンドの出はじめで、自宅にいながらパソコンで動画が見られるようになっていました。ひょっとしたら、これがテレビ広告に代わる広告メディアになるかもしれないと思いました。それで、2003年には『花とアリス』の短編映画を制作し、発表しました。インターネットで公開すると、約300万視聴という当時ではずばぬけて多い数の人たちが観てくれました。

【岩井】その後、いくつもの会社から「ネット動画を制作しませんか?」と提案がありましたが、その企画書の成功事例には必ずと言っていいほど『花とアリス』が挙げられていました。成功事例である制作物を制作者の私に推薦してくるほど気付かれていないという状況に驚きましたが、それほどに当時は流行になっていました。

【高岡】『花とアリス』の成功から、ネスレも短編映画の世界に足を踏み入れ、いまではネスレのブランドを表現したショートフィルムを集めた「ネスレシアター」を展開するまでになりました。そこで多くの監督さんとお会いしますが、どの方も『花とアリス』はご存じですね。あれに衝撃と刺激を受けたから、それを仕掛けたネスレと仕事がしたいとおっしゃる監督さんも多かった。岩井さんがおっしゃるように、多くの人が短編映画を意識するようになったことは間違いありませんね。

■ブランド広告のイノベーションだった


【岩井】04年には『花とアリス』を長編映画化し、劇場公開しましたが、それほどヒットしたわけではありません。でも不思議なことに、驚異的なビデオセールスを記録したと聞いています。小耳にはさんだのは、その年の東宝の就職活動で面接に来る学生さんが、口々に「こういう映画をつくりたい」と挙げたのが『花とアリス』だったそうです。これはちょっとした語り草になっていて、いまでも言われることがあります。

【高岡】このショートフィルムは、商品開発の技術ではなく、ブランド広告の分野でのイノベーションという珍しい事例です。しかも、私自身としてもネスレとしても、インターネットを使った新しい試みでした。その後、私はネスレ日本のCEOに就任し、インターネットを使ったビジネスモデル「ネスカフェ アンバサダー」を立ち上げます。その原点は岩井さんとの出会いだったと思っています。

【岩井】そう言っていただけると、とてもありがたいですね。

【高岡】多くの人が業界のしがらみに縛られているから、イノベーティブな発想を一緒に進められる人がいません。イノベーションは、賛同者や共感してくれる人がいなければ起こらないですよね。

【岩井】そう思います。映画界では粛々と映画を撮っている人のほうが「頑張っている」と見られます。でも私は業界の「はみ出し者」。海外には出るし、変わったことをやりはじめる「変人」と思われています。そんななか、止まらない自分の想像力をしっかりと受け止めてくださる高岡さんと出会ったことがはまりました。

【高岡】光栄です。お互いに、そういった「イノベーションパートナー」を求めていたのかもしれませんね。

■「挑戦したい」と思わなくなったら終わり


【岩井】そうですね。だから共鳴するものがあると思うんです。私も常に新しいことをやっていたい。同じところにしがみついているより、新しい刺激がほしい。誰もが若いころには、上を向いて背伸びをしたり、ジャンプしたりした経験があると思います。その感覚が忘れられないというか、ずっとそうありたいと思っているのです。ここまで来れば大丈夫とは思いたくない。まだ何かに挑戦していたい。夢を見ていたい。そんな思いがあるからだと思うんですね。

【高岡】そう思えなくなったら引退ですよね。私も新しいことをやろうと思わなくなったら社長ではいられません。でもおそらく、世の中の多くの経営者はそう思っていないような気がしますね。

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  2. 2

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  5. 5

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  6. 6

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  7. 7

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

  8. 8

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  9. 9

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  10. 10

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。