記事

今クールなのは「現状を変えたい」と願い、行動する人たち

先日、現代ビジネスの企画でライフネット生命の出口社長と対談させて頂きました(実況まとめはこちら)。出口社長の柳のような柔軟さと美しさに、終始圧倒される時間でした。参加者の満足度もかなり高かったように思います。

対談の中で、出口社長と僕が共通して触れた言葉が「問題意識」。

僕は多くの起業家とお会いする中で、人を魅了させる起業家は、どなたも「この現状はおかしい」という強い問題意識を持っていることに気付きました。

出口社長もまた、「子どもを産みたいと願う人が子どもを産めないのはおかしい」という強い問題意識を抱き、保険料を半額にするライフネット生命を立ち上げていらっしゃいます。

今の時代がそうさせているのかも知れませんが、「現状はおかしい」という「問題意識」を抱き、行動する人たちを僕らはクールだ(カッコいい!)と感じるようになってきているように思います。

問題意識を抱くことがクールに映る、という現象は個人に留まらず、ブランドでも同じだと思います。

例えばマザーハウスやAppleのように、世界を変える(現状を変える)ことを本気で貫こうとするブランドは、今も高い支持を得ています(もちろん、プロダクトが良いことは前提です)。

一方、周りを見渡してみると、必ずしも問題意識を持っている人や企業が大多数、というわけではありません。

多くの人と企業は「現状を変えたい」という意思なしに、盲目的に経済システムを回していると言っても過言ではないと思います。

そういう意味では、問題意識の欠如こそが、日本の病だと僕は考えています。

「こうあったらいいな」と思う社会を想像し、それを創ろうとする努力が本当に足りないのではないでしょうか。

この努力は全く難しいことではなく、道具も教養も不要です。5歳の子どもでもできることだと思います。それなのに、とても盲目的に僕たちは生きています。

今できる一つのアクションとしては、問題意識を持って行動する人やブランドを、積極的に応援することでしょう。

クールだと思うものを、クチコミ、寄付、購入、などの手段でサポートしましょう。

それは「投票としての消費(「スペンドシフト」のジョンさんのお言葉です)」であり、社会を変えるためのインセンティブになります。

…と、そんな思考のヒントを頂いた、素敵な時間でした。

わずか2時間で、すっかりライフネット生命のファンになってしまいました。10秒でできる保険料シミュレーションはこちらからどうぞ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  5. 5

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  6. 6

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  7. 7

    石破茂氏は自民党に収まりきれぬ

    早川忠孝

  8. 8

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。