記事

Pinterest:企業の活用事例と利用の注意

1/2
画像を見る

お気に入りの画像や動画を自分のボードに貼り付けるサービス「Pinterest」が話題になっています。サービス紹介や人気の理由などを解説した記事が最近多く書かれ、読んだ方も多いでしょう。

さて、Pinterestをコンテンツマーケティングの観点から利用することはできるのでしょうか。今回は事例を紹介するとともに、Pinterestの利用の注意事項などもあわせてみてみましょう。

ギリシャヨーグルトのメーカーがPinterestをどう使っているか?


Chobaniはギリシャヨーグルトのメーカーです。以下の記事に、この小さなヨーグルトメーカーがPinterestでとった戦略、ユーザーのロイヤリティを高める取り組みが紹介されています。以下の記事の内容と、実際の運用からChobaniの活用事例をあわせて具体的にみてみましょう。

Chobani Yogurt Tickles The Tastes Of Pinterest Addicts, And So Can Your Brand

同社では、Webサイトの他、FacebookページTwitter、製品を使ったレシピサイトChobani Kitchenブログなどを運営しており、多角的にコンテンツマーケティングに取り組んでいます。

Pinterestに着目したそもそもの理由は、ヨーグルトのファンがヨーグルトを使ったレシピやアレンジをPinterestに載せていたことです。同社のコミュニケーションマネージャーがそれに気づき、Pinterest上でヨーグルトを使った料理の写真などを通して、生活者と会話をすることを決めたのです。

Chobaniは、現在19のボードを持っており、フォロワーは1140人ほどいます。

画像を見る

Chobaniは、Pinterestのユーザーの多くが、新しいことを知り、発見するためにPinterestを使っていると考えました。それは、Pinterestが新しいものに出会いやすいサービスであるからです。Chobaniも、Pinterest上で価値のあるコンテンツをシェアすることで、ユーザーの「発見したい」という目的をかなえることを目指しました。

ちなみに、ユーザーが新しいものを見つけるという利用方法は、Facebookでは難しく、またTwitter上での会話とも異なるものです。

プロダクトを超えたブランドのコアバリューを見せる


Pinterestは視覚を通して、製品そのものではなく、Chobaniの個性やブランドのコアバリューを伝えることもできます。

例えば、「Nothing but Good」というボードにはインスピレーションを受けるようなキャッチコピーや写真を、「Chobani Fit」にはモチベーションを上げるようなキャッチコピーや写真を集めています。

画像を見る

これらの言葉は、Twitterでもツイートしたものですが、Pinterestでは視覚的なインパクトがあるため、ユーザーがコンテンツをRepinする(自分のボードにコピーすること)ことが多く、自然な形でブランドが重視する価値観など、様々な側面を示すことができるのです。

ボードを分けてマイクロターゲットとのコミュニケーションを


Pinterestのよいところは、ユーザーの全ボードをまるごとフォローすることもできれば、特定のボードだけを選んでフォローすることもできることです。

よって、ボードごとにテーマを作れば、そのテーマに興味のある人達に情報を届けることができるのです。

We Make a Good Pair」では、ヨーグルトに合う食べ物を紹介し、「Let’s Travel」では、世界の都市の画像を載せています。

画像を見る

ボードは自由に作れるので、それぞれのボードに適したコンテンツを追加していきます。どのボードにも入らないものがあれば新しいボードを作ればよいのです。

メーカーにこだわらずにシェアする


Chobani は自社製品とそのビジネスに「自信がある」といいます。よって、他の製品のことを取り上げることは、「リスクではない」と考えました。

例えば、ユーザーのレシピに別のヨーグルトが材料として使われているのであっても、ヨーグルトの普遍的な話題であり、ユーザーがヨーグルトを使った料理に興味を持つきっかけになるので、そのレシピをシェアします。

顧客との関係を深めるために活用する


Chobani はFacebookとTwitterでは、コメント返しを丁寧に行なっていますが、Pinterestでコメント返すことはあまりないと言います。その代わり、LikeやRepinをします。ユーザーが望むことは、コメントよりもシェアされることと考えたからです。

Pinterestでの活動はすべて顧客との深い関係をつくるためのものです。PinterestでたくさんRepinされたレシピを社内のキッチンで試してみたり、世界の都市の写真のなかでたくさんRepinされた都市への旅行を今後のプレゼントキャンペーンの景品にすることもあり得るとしています。つまり、ユーザーによるRepinあるいはLikeを反応ととらえて、顧客とのコミュニケーション、次の製品やプロモーションを改善するために役立ているということです。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「韓国が和紙代用品」議員が警鐘

    赤池 まさあき

  2. 2

    マスコミ受けの論点ばかりな国会

    ビデオニュース・ドットコム

  3. 3

    美智子さま 眞子さまに厳重警告

    NEWSポストセブン

  4. 4

    BTS炎上にみる韓国の被害者意識

    中田宏

  5. 5

    堺正章 何人か芸能界から干した

    SmartFLASH

  6. 6

    ZOZO田端氏生討論のもったいなさ

    やまもといちろう

  7. 7

    これセクハラ? 悩める上司に指摘

    赤木智弘

  8. 8

    性犯罪で13年服役した男性の訴え

    篠田博之

  9. 9

    原油供給過剰 アジア減速が影響

    ロイター

  10. 10

    よしのり氏「移民政策に反対」

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。