記事

知識/教養を身につけ時代を切り開くための7つの心得

1/2

■ 知識社会で充実して生き、社会にも貢献するには

ここしばらく、現代日本における教養の重要性について何度も書いてきたわけだが、『大学の深窓にいる人たちは教養ある人たちのはずだが、そこにも日大アメフト部のような権力構図があったり、新しいことを頑固に否定するばかりでとても未来を切り開くような人種に思えない』という類のご意見や質問をたくさんいただくことになった。

実は、記事中に、今の日本の教養教育には問題があり、決して現代日本のいわゆる『教養人』をそのまま肯定しているわけではないことを指摘しておいたつもりなのだが、伝わっていなかったとすれば、あらためてこの場を借りて強調しておきたいと思う。

ただ、今度は、『お前のいう教養とは一体何なのか』『どうすれば教養を培うことができるのかよくわからない』、あるいは、『結局問題を嘆くだけで解決策は示さないのか』、というようなご意見をいただくことが予想されるし、そのご意見はごもっともではある。今回はその問いかけに私なりに答えてみようと思う。

但し、『教養』の定義については踏み込まない。むしろ、『知識社会で生き残り、それ以上に生きることに真に充実を感じることができ、社会を良くすることにも貢献するために、個人としてどのような姿勢でいればよいのか』、という点について絞って述べようと思う。もちろん、速効性の魔法の薬があるわけではないし、私の答えが誰にも該当するとは限らない。あくまで自分自身で試行錯誤する際の参考にしてみて欲しい。

具体的には、次の7つを提唱しようと思う。

1. 独学で学び続ける覚悟を決める
2. 目標/目的を決める
3. 自分で問いをつくることを習慣化する
4. 発信し続ける
5.語学を勉強する
6. 歴史をおさらいしておく
7. 古典を読む

■ それぞれの説明


1.独学で学び続ける覚悟を決める

何よりまず『独学で学び続ける』覚悟を決めることだ。独学でなければ絶対ダメというわけではないし、逆に独学だけでは学べないこともあれば、独学固有の問題もあることを認めた上で、少なくともその『覚悟』を決めることが重要と考える。

この点は、あえて『教養』に限定するまでもなく、仕事に必要な実用知を含めて現代は学校教育終了後も、継続して学び続けることが不可欠であるという認識は常識になりつつある。言うまでもないことだが、特にインターネット本格導入後に起きたことをあらためて振り返ると、知識/情報の重要性が急上昇し、知識で勝者になったものが『一強総取り』となる構図が時を追うごとに強くなった。世界市場は相互に緊密に結びつき、競争は国の壁に関係なく行われる。労働コストが高ければ、資本の方で海外に流出してしまう。今後、人工知能が社会に浸透するようになれば、ますます仕事をめぐる競争は激しくならざるをえない。

知識はもちろん従来から重要な資源ではあったのだが、これまでは、石油や食料のような物的資源であったり、金銭資本であったり、企業の持つ商権であったり、場所であったり、有名大学卒、あるいは一流企業にいるという権威であったり、多くは企業や大学のような組織に蓄積された(あるいは組織であるがゆえに持つことができる)、多くの場合、知識以外の資源の方が、企業活動における価値は上回っていた。

だから、一旦企業に入れば、専門知識を磨いたり、教養を培ったりするより、上司や顧客にいかに覚えめでたくふるまえるか、どうすれば空気を読めるか、という類のノウハウの方が、はるかに価値があった(これも『情報』ではあるが、独学では学べない)。だから、企業は学生に対しては、偏差値の高い大学へ合格した、という足切り指標としてのパスポートがあれば、大学で学んだ学問など評価対象外だった。

特に文系の学問など百害あって一利なしで、文系の大学院生など、大抵自意識ばかりが肥大化していて企業内では使いづらいことがわかっているから、できれば採用したくない、というのが企業人事の本音だった。銀行等のように大学で与えられたカリキュラムを要領よくこなせるかどうか、という指標としての成績を採用の際に重視することはあっても、学問としての大成など求めていなかった。それよりも体育会系のように、企業でもすぐ通用するコミュニケーション手法と忍耐力を身につけた学生の方がはるかに価値が高かった。流石に技術系の場合、専門知識の習得度合いが採用にあたって重視されてはいたが、だからといって、技術系の学生が技術知識だけで企業で生きていけるなど誰も思ってはいなかった。

職場の空気を乱さないことが最重要となれば、なまじ専門知識とかあっても、それをひけらかしたりすると、嫉妬されて足を引っ張られて逆効果になる。同僚の嫉妬もさることながら、上司(あるいは先輩)であっても、自分より知識豊富で優秀な部下というのはしばし自分を脅かす危険な存在で、よほど優れた上司でなければ、自分に逆らわないという何らかの確信がない限り、実際には巧妙に(あるいはあからさまに)潰されたりすることも少なくなかった。

昔から本当の実力者としてのし上がる者の中には、熱心に勉強し続ける者も、もちろんたくさんいたわけだが、決してそれを周囲には悟られないで、嫉妬をかわないように勉強するような智恵は不可欠だった。

ところが、今、それが急速に変わろうとしている。どの資源より知識/情報の価値が高くなろうとしているのだ。現行の仕事のほとんどがアルゴリズムで実行できるようになろうとしている。ロボットや人工知能がほとんど何でもやってくれるようになる。これからは、インターネットのようなバーチャル空間だけではなく、物理空間に関わる変革が本格化する

未来学者のジェレミー・リフキンの『限界費用ゼロ社会』という著作があるが、これは、IoT/人工知能によって、コミュニケーション、エネルギー、輸送のインテリジェント・インフラが形成され、効率性や生産性を極限まで高めることが可能になり、モノやサービスを一単位生み出すコスト(限界費用)は、限りなくゼロに近づき、モノやサービスは無料になって、企業の利益は消失するという未来像を提示する、非常にセンセーショナルな未来予測の書だが、多少の程度や時期の見通しの違いはあれ、これから起きようとしていることを端的に指し示してくれていることは確かだ。知識以外の資源の価値は暴落するという予測には十分な根拠があるのだ。

今後の競争社会で生きていくため、知識の重要性が極端に重要であることはわかったが、どうして独学なのか、と言う疑問が出てくるかもしれない。その答えは簡単で、教えてくれる『誰か』や『教育機関』をさがそうにも、知識の陳腐化が激しく専門化が進む中では、それがものすごく難しいと言うことに尽きる。特に教育機関の教育メニューに闇雲に飛びつくとお金と時間の無駄になる恐れが大きい。

かつては大学には普遍性のある知の体系があり(少なくともあると思われており)、優れた企業にはその企業が成功することに寄与したノウハウが蓄積しており、いずれもそこに参入することでしか学べないか、学ぶためには参入することが一番手っ取り早かった。ところが、今はそれも驚くべきスピードで陳腐化してしまう。

当然、組織の側でも新しい状況に併せて知識を更新していく必要があるのだが、歴史が長かったり、組織が肥大化してしまうと往々にして臨機応変には対応できず、『権威』だけが生き残り、現実から乖離してしまう。

自分の例を出すのは気恥ずかしいが、私もそれを身を以て体験した一人だったりする。私は大学時代は経済学部に所属していたが、当時の私の大学では、いわゆる近代経済学者とマルクス経済学者が拮抗していた。専門課程でもその両方を履修する必要があった。だが、すぐにベルリンの壁は崩壊し、冷戦は終了し、マルクス経済学は、少なくとも私が習った内容は(当時からそのきらいはあったが)現実解釈には事実上使えなくなってしまった。

近代経済学も当時から私は合理的経済人仮説に大いに疑問を持ったものだが、その後の行動経済学等による攻撃は実に鮮やかで、かつて私が習った近代経済学は現実の説明能力を失ってしまった(というより、それが妥当する範囲は極めて狭く限定されてしまった)。

そのように述べると研究者からお叱りを受けることは多いのだが、少なくとも、私が大学で習ったことがそのままで企業で役にたつかと言えば、それは絶対にないと断言できる。一方で、最新の学説を一渡り勉強してみると意外にも、現実解釈のヒントをたくさん見つけることができる。

また社会人になって最初に入った自動車会社(トヨタ自動車)は、ご存知の通り、トヨタ生産方式のおかげで、日本一を飛び越えて世界一を狙う自動車会社に成長した。トヨタ生産方式は、そのシステム自体の合理性もさることながら、現場改善を徹底的に社員の行動様式として叩き込む、いわば宗教のような性格を帯びていた。

そして、それは本当に会社全体に一種の信仰体系として浸透しており、その徹底ぶりが現場を非常に強固なものにしていた。こんなことは、どんなに市販のトヨタ生産方式の本を読んでもわかるはずがない。現場にいないとわからない暗黙知の巨大な体系がトヨタ生産方式の真の姿であることを(少なくともその一端を)知ることができた。その意味で企業に参入しないとわからない知の体系の存在を私は身を以て学ぶ機会に恵まれた。

だが、IT化、というか『デジタライゼーション』が世界を席巻している現在、明らかに旧来と同じままではいられなくなっている。トップの危機感は最近報道も多いのでご存知の方も多いかもしれないが、それ以上に古くから現場にいる者の混乱ぶり(あるいは無知ぶり?)は大変なものだ。それでも『改善』で対応しようとする組織の遺伝子が生きているのは大したものだと思うが、一方で、神話的とも言える存在となったトヨタ生産方式が足かせになっている部分があることは否定しようがないはずだ。

組織に頼らずとも、インターネットが普及した現代では、自分で正しい探求ができれば、かなりの(ほとんどの)ことを学ぶことができる。確かにインターネットには、ゴミのような情報やフェクニュースで溢れていることは確かだが、驚くべき最新の情報に繋がるチャンスが開けていることもまた確かだ。だから、まずは独学の覚悟を決める。そうして探求していけば、自分にふさわしい『師』や『教育機関』を見つける可能性も広がる。

しかもこのことは、いわば、知識/情報、そして教養が人間を組織の束縛から解放し、自由を与えてくれる存在になろうとしていることを意味しているともいえる。独学の覚悟を決めることで、長く、多くの日本人が陥ってきた『精神の奴隷制』から名実ともに解放されるチャンスが広がっている

あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山手線 中国・韓国語表示消えた?

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  4. 4

    韓国の反日は日本にとって好機

    PRESIDENT Online

  5. 5

    菅氏、朝日新聞の抗議内容を否定

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    山下智久 JKモデルとホテル宿泊?

    文春オンライン

  7. 7

    文大統領の側近が一斉に辞意表明

    ABEMA TIMES

  8. 8

    コロナ死者の多くは平均寿命近く

    名月論

  9. 9

    第2波よりも怖い米国企業の破綻

    長谷川高

  10. 10

    GoTo混乱収めるのはトップの仕事

    わたなべ美樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。