記事

参考人に国会議員がヤジ 賛否両論意見を聞いて判断するのが議員の仕事

6月15日に衆院厚生委員会に参考人として招かれた日本肺がん患者連絡会理事長の長谷川さんが、意見を述べているところ、自民党の穴見陽一議員が「いい加減にしろ」とヤジを2度飛ばしたとのこと。

喫煙者にとって、喫煙規制は耳の痛い話ですが、がん患者にとって受動喫煙は、健康を悪化させる可能性のある非常に深刻な話です。

「規制をするな」「規制をすべき」両方の意見をじっくり聞いて、判断するのが議員の仕事。国会議員としての仕事と役割を理解していないのかなと思います。

あわせて読みたい

「受動喫煙対策」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  2. 2

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  3. 3

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  4. 4

    五輪中止で保険会社30億ドル損失

    ロイター

  5. 5

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  6. 6

    菅首相を推した田原氏が語る失望

    NEWSポストセブン

  7. 7

    そこまでやる? トヨタ式在宅勤務

    PRESIDENT Online

  8. 8

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

  9. 9

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  10. 10

    玉木代表「毎日自宅検査を提案」

    玉木雄一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。