記事

投資の時間分散にはあまり意味が無い


「投資する時には、いきなり全額を投資しないで何回かに分けて買った方がよい」という時間分散が主張されることがあります。

しかし、(完全に無意味とは言いませんが)これは本質的にはあまり意味がありません。

基本的な指摘は山崎道場(Yomiuri Online) の以下の記事あります。
 ・第31回 「時間分散して買う」のは有利なのか
 ・第32回 「ドルコスト平均法」を検証する

これでも十分なのですが、それだけでは芸が無いので一つ意見を書かせてもらいます。


時間分散投資後のリスク問題があります

仮に30歳の人が2400万円の資産すでに持っていて30年間の投資をすることを想定します。
資金投入の時間分散を考えて、毎月200万円ずつ1年間にわたって2400万円を投入したとしましょう。

その1年間に限れば、相場の上がった時にも下がった時にも買うので、1年間の中では割と平均的な価格で買い付けができます。そういう意味では時間分散によって割高な局面で買ってしまうことを回避できたと言えます。

しかし、30年間の投資期間全体で見たらどうでしょうか?
「一括投資」も「1年間の時間分散投資」も1年後にはフルインベストメントで、残り29年間は相場変動の影響を全部受けます。
初めの1年間だけ分散できていれば良いという話ではないでしょう。
30年という期間から見るとその1年間が相場の高値圏ということもあります。30年間の長期チャートを書いた時にたった1年の中で買うタイミングを分けておいたことによってリスクをどれほど低減できているというのでしょうか?


完全な時間分散の効果を得たいのであれば、投資期間全体に分ける必要があります。2400万円の資金なら、毎年80万円ずつ30年間にわたって購入していけばドルコスト平均法の効果が万全です。

しかし、この場合は圧倒的な機会損失が発生します。では半分の15年では?これでも機会損失は大きいですね。では10年では?5年では?3年では?

結局は、時間分散をしても資金投入完了後のリスクはそのまま受けます。かといって時間を延ばせば延ばすだけ機会損失が増えます(プラスリターンを想定するならば不利)。

「一括投資の高値掴→大損」が困るのであればリスクの取りすぎでしょう。投資資金を2/3にしたり、リスクの低いポートフォリオにするべきかと思います。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎「約束が反故にされた場合、我々は暴発する可能性も」

    田中龍作

    10月16日 09:34

  2. 2

    GoToトラベルという劇薬にすがる観光業と旅行者。感染激減なのに旅行ふるわずやばい状況

    かさこ

    10月16日 09:20

  3. 3

    高市氏の影響が大きい自民党の選挙公約 期待されたハト派の岸田氏はどこにいったのか

    小宮山洋子

    10月16日 11:40

  4. 4

    「ショートパンツの女の子見たいならサッカー観戦」また立憲!新人の“軽薄ツイート”が物議

    女性自身

    10月16日 10:57

  5. 5

    「人気アイスは64円」急成長のシャトレーゼを待ち受ける3つのリスク

    PRESIDENT Online

    10月16日 15:51

  6. 6

    甘利さんにあまりエールを送りたくはないが、この選挙区調整は芸術的ですらある

    早川忠孝

    10月16日 17:23

  7. 7

    新型コロナワクチン接種完了から“8カ月後も重症化防ぐ”有効性を確認 米研究

    ABEMA TIMES

    10月16日 15:32

  8. 8

    アートにコスプレ、古代史まで…女性の趣味を荒らす“上から目線な男たち”

    女性自身

    10月16日 09:47

  9. 9

    総選挙予測 投票率50%代後半~60%なら自民の単独過半数割れもあり得る

    NEWSポストセブン

    10月16日 11:29

  10. 10

    立憲民主党・福山哲郎幹事長「岸田総理がブレだしたので、やりやすくなった」

    ABEMA TIMES

    10月16日 15:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。