記事

上場果たしたメルカリの手厚い福利厚生 ペアーズの有料プランが無料、不妊治療の費用も一部負担

フリマアプリのメルカリが6月19日、東証マザーズ市場に上場した。株価に注目が集まっているが、意外と知られていないのが同社の福利厚生の手厚さだ。採用サイトによると、女性の場合、出産前10週間と産後約6か月の産休・育休中の給与を100%保障してもらえる。

通常、産休は出産予定日の6週間前から、産後は8週間となっている。給与も保障されているとは限らず、「育児休業給付金」が賃金の67%に留まることを考えるとかなり手厚い保障だ。男性が育休を取得しても、子どもが生まれてから8週間は給与が全額保障される。

子どもが認可外保育園に入園する場合、差額の保育料を会社が負担

メルカリの手厚い福利厚生
メルカリの手厚い福利厚生

不妊治療も開始から10年間は同社が費用を一部負担する。保険適用の治療の場合、実質本人負担額は0円になり、保険適用外の治療の場合は、その7割を自治体の助成金と会社の補助でまかなうことができる。

「不妊治療net」の調査によると、治療を経験した人の7割が費用は50万円未満だったという。しかし100~200万円未満だった人も1割、300万円以上掛かったという人も1割弱いる。こうした費用の一部を会社が補助してくれるのなら、安心して治療に取り組めそうだ。

メルカリでは子育て支援も手厚い。子どもの看護や家族の介護で仕事を休む場合、法定の有給休暇とは別に、1年あたり5日間を特別有給休暇として取得できる。

子どもが病気になった時は、臨時で保育施設に預けたり、ベビーシッターを利用する必要が生じる。そうした場合も、利用時間の制限なく1時間あたり1500円支給される。また認可保育園に入園できず、認可外保育園に入園する場合、差額の保育料を会社が負担する制度もある。

ライフイベントのサポートも充実している。結婚にあわせて5日間の特別有給休暇が取得でき、お祝い金として5万円も支給される。独身者は婚活支援としてマッチングサービス「pairs(ペアーズ)」の有料プランを無料で利用することもできる。

同社は、公開価格3000円を66%上回る5000円で初値を付けた。その後も価格が上昇し、19日13時までにストップ高となる6000円を付けた。

あわせて読みたい

「メルカリ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    総理がメディアに指示? 質疑話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    徴用工めぐる韓国高裁のこじつけ

    緒方 林太郎

  3. 3

    なぜ高学歴なのに低収入になるか

    内藤忍

  4. 4

    民主政権の桜を見る会 今と違い

    井戸まさえ

  5. 5

    山本一郎氏がKAZMAX氏にエール

    やまもといちろう

  6. 6

    31歳東大准教授が日本の若手叱咤

    Thoughts and Notes from NC

  7. 7

    子ども愛せず…高学歴男性の離婚

    幻冬舎plus

  8. 8

    雅子さまがまた涙 視線の先には

    文春オンライン

  9. 9

    森田知事巡る問題に舛添氏が苦言

    AbemaTIMES

  10. 10

    松坂の古巣復帰 西武が折れたか

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。