記事

オーストラリアでW杯放映に障害、首相が解決に乗り出す

[シドニー 18日 ロイター] - オーストラリアのターンブル首相は18日、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会のストリーミングで3日続けて障害が発生している問題を受け、国内のサッカーファンに代わって事態の収拾に乗り出した。

首相はツイッターで、オーストラリアで全試合の独占放映権を認められているオプタス(シンガポール・テレコミュニケーションズ傘下)のアレン・リュー最高経営責任者(CEO)と話し合ったと説明。「(リュー氏は)W杯ストリーミング問題に個人的に注目しており、今夜にも解決すると信じていると請合った」と述べた。

障害は、17日のコスタリカ・セルビア戦で発生、開幕の夜にも問題が起きている。リュー氏は、苦情の殺到を受けて謝罪した。

一方、公共放送局SBSも、オーストラリアチームの全試合と一部の試合を中継している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  5. 5

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  6. 6

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  9. 9

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  10. 10

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。