記事

党首討論の夜の開催が国会改革の柱か

国会改革について、小泉進次郎さんが、党首討論をみんなが観れる夜に開催することに理解を示したという報道を見ました。それはそれでよかったなと。

同時に彼が言うには、これだけ国際社会が動く中で、総理とか外務大臣が予算委員会などの国会に拘束されるのは如何なものかと。そのために国会改革をすべきではないかと。

私に言わせれば、その前に、安倍総理自身が自民党総裁として、森友問題については安倍昭恵夫人を国会に出す、加計学園問題については加計理事長を国会に出す、さらに言えば安倍総理自身が国会で真実を語ると決めれば、全てのことが一度に明らかになります。いたずらに総理や外務大臣を国会に呼ぶ必要はなくなります。

それをいつまでも隠したり、否定したりするから長々と国会でひきずるわけです。

それができていないことが今の国会の問題の本質であって、それに目をそらして「国会改革」と言って党首討論の夜の開催をどうこう言ったとしても、真摯に現在の国会の問題に向き合うことにはならないのではないかと、私は思います。

あわせて読みたい

「国会改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さまの即位辞退は「先手」

    小林よしのり

  2. 2

    金正恩氏の権威失墜で体制崩壊へ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    眞子さま周囲で高まる結婚願う声

    NEWSポストセブン

  4. 4

    韓国政府が恐れ? XJAPAN大ブーム

    NEWSポストセブン

  5. 5

    イギリス料理が美味しくないワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    秋篠宮さまの天皇辞退論は画期的

    猪野 亨

  7. 7

    自覚なし? 増殖する差別おじさん

    NEWSポストセブン

  8. 8

    沖縄3区で野党支援の候補が当確

    国民民主党

  9. 9

    小沢氏 沖縄3区は民主主義の勝利

    自由党

  10. 10

    保岡興治氏の要職外した安倍首相

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。