記事

トランプ大統領に恫喝されていた安倍首相の衝撃

 米紙ウオールストリートジャーナル(電子版)が6月15日報じたという。

 カナダで行われたG7でトランプ米大統領が次のような暴言を安倍首相に吐いてたと。

 すなわち、ウオールストリートジャーナル紙がG7に参加していた欧州連合(EU)関係者に聞いたところによると、各国の首脳が移民問題を話し合っていた際、トランプ大統領が安倍首相に次のように語っていたというのだ。

 「晋三、君の国には移民問題はないだろう。しかし、私は2500万人ものメキシコ移民を日本に送ることができるぞ。すると君はすぐに退陣だ」と。

 このウオールストリートジャーナルの記事をいち早く見つけた共同通信がそれを配信し、その共同通信の配信を、きょうの地方紙や朝日、東京が、小さな囲み記事で書いた。

 トランプ大統領が安倍首相にG7で暴言を吐いていたと。

 しかし、ウオールストリートジャーナル紙は、この移民問題についてのトランプ大統領の発言に加え、こう発言したと報じている。

 すなわち、議論で孤立していたトランプ大統領は、首脳宣言案でのプラスチックごみ問題に関する文言を巡って安倍首相に同調し、「よし、これで5対2だ」と喜んだという。

 なるほど、これで合点が行った。

 なぜ日本は世界の批判を浴びてまで、プラスチックごみの規制問題について米国と一緒になって反対したのか、私には不思議だった。

 核の傘にたよる日本が米国と一緒になって核廃止条約に反対するのはまだわかる。

 しかし環境問題にまで米国に追従する理由はどこにもない。

 日本はトランプ大統領が否定したパリ条約には賛成のはずだ。

 安全保障問題と違って、環境問題であるプラスチック規制では、トランプ大統領と異なる政策をとって来たはずだ。

 しかし、安倍首相はサミットでプラスチックごみ規制にまで反対して、トランプ大統領の側についた。

 これは、移民問題の暴言に恐れおののいた安倍首相が、これ以上トランプを孤立させては何をされるかわからない、とトランプ大統領の機嫌を取ったということだ。

 つまりトランプ大統領の暴言は、単なる暴言ではなく恫喝だったということだ。

 こんな情けない外交を、安倍首相は他の欧州首脳が見ている前でしていたのだ。

 共同通信が見つけたこのウオールストリートジャーナルの大スクープ記事を、もし大手紙がこぞって大きく取り上げていたとすれば、外交の安倍の面目丸つぶれだ。

 安倍首相の不支持はさらに拡大する事になる。

 だから、大手紙は、こんな貴重なスクープ記事を、一切無視するか、あたかもゴシップ記事のように小さな囲み記事で済まそうとしたのだ。

 しかし私は見落とさない。

 このウオールストリートジャーナルのスクープ記事は日本国民必読の記事である。

 忖度しない私はこうしてブログで取り上げて強調するのである(了)

あわせて読みたい

「G7」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    イチロー会見で雑なマスコミ露呈

    山本直人

  2. 2

    消費税増税分の84%は使途不明か

    田中龍作

  3. 3

    利益は上げず会社を憎む日本人

    橘玲

  4. 4

    文大統領が外交儀礼で大ミス連発

    和田政宗

  5. 5

    やる気ないオジサン会社員の胸中

    城繁幸

  6. 6

    日本を盗っ人と呼ぶ韓国は卑劣

    PRESIDENT Online

  7. 7

    Googleマップ ゼンリンと決裂か

    NewsInsight

  8. 8

    違法DL規制 誤解広がり見送りに

    甘利明

  9. 9

    民放連がAM放送の廃止を要請へ

    MAG2 NEWS

  10. 10

    大阪府市が良関係なら都構想不要

    緒方 林太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。