記事

専門外の「専門家」による解説の危うさ

2/2

 そこで、記事に書かれた内容について、検討してみます。

 費目については、「前編」に書かれているとありましたので、その内容を確認すると、

  (1)妻と長女が住むマンションの住宅ローンとして月10万円(完済まで20年)

  (2)生活費として月10万円(妻が生きている間ずっと)

  (3)養育費として月6万円(長女が社会人になるまで)

 とあります。(1)について、そもそも財産分与として、マンションを妻に渡したことが前提となっているのか、その点が不明です。

 仮に、マンションの名義変更をすることなく、そのまま夫名義であったとすると、それは、少なくとも対第三者的には夫の財産ということになりますので、自分名義の借金を支払い続けるのはある種当然だと思います。一般的な感覚としては、住宅ローンが残っているマンションの名義を変更した場合、期限の利益を喪失する条項が入っていることがあるので、住宅ローンがそのままであれば、マンション自体は夫名義のままなのではないかと思います。

 そうであれば、自らの所有するマンションについての自らの借金を返済するということになりますので、それほど、不利な印象はありません。

 マンションが財産分与の対象とされなかったとした場合、妻との利用関係は、使用貸借ということになるかと思います。その場合、「使用及び収益をするのに足りる期間を経過したとき」には返還を求めることができますので(民法597条2項)、永久に返ってこないということにはならないでしょう。

 また、そもそも、婚姻関係が終了した者に対して扶養義務はありませんので、「生活費」としての支払いという趣旨が不明です。

 この場合、(2)と(3)の合計金額16万円自体が、養育費の合意であったと判断される可能性もあります。

 その場合、事後的に養育費減額調停・審判を求めることができますので、全体について、減額がなされることも十分にあり得ますし、少なくとも、(3)の養育費については、成人した以降の分については否定される可能性は十分にあります。

 この行政書士の方は、「妻の離婚条件を受け入れようとしている淳二さんをとどめるべきかどうか。私は自重しました。」と仰っていますが、この状況であれば、弁護士に相談されることをお勧め頂きたいと思います。

 離婚に関して、相手方の同意がない限り、原則として離婚はできない、これはその通りです。

 離婚は、結婚の裏返しですから、相手方が承諾しないと結婚できないのと同様に相手方が離婚に同意しない限り離婚はできません。

 もっとも、一定の離婚原因がある場合(民法770条1項各号)には、裁判上の離婚が認められる場合もあります。

 一般的には、性格の不一致は「その他婚姻を継続し難い重大な事由」に該当するかという観点から判断されることになりますが、裁判所は、様々な事情を組み込んで判断しますので、一概には言えません。そもそも、裁判を起こす前には、必ず調停を経る必要がありますので、調停の中で相手方と離婚についての話し合いを行うこともできますし、裁判の中でも和解の話をすることは可能です。

 この記事の中で、「「離婚しなさい」と裁判所が判決を下すためには、以下の3つの要件を満たす必要があります」と書かれている「要件」は、いわゆる有責配偶者からの離婚請求の場合の基準であって、この基準を満たさない限り、裁判上の離婚請求が認められないというものでもありません。

 裁判においては、双方から提出されたあらゆる事情を考慮して判断されますので、むしろ、DVや不貞が存在しないケースでは、どのような結論になるかは、予想しづらいとも言えます。

 私の感覚としては、親権者を巡る争いが正面からなされているケースや、有責配偶者からの離婚請求等の場合でなければ、判決まで行くというケースは余りないように感じています。

 離婚を巡って調停や裁判を行うことは当事者にとっては非常にストレスです。その意味で、当初は、頑なに離婚に応じないとしていた相手方が、離婚に向けた話し合いに応じてくることも現実にはあります。

 離婚を巡る調停や裁判は、それぞれに個別の事情がありますので、○○だから△△となるとは、断定はできません。

 その意味では、現実の調停や裁判について、業として行うことができない行政書士の方の見解を、「専門家」による見解であるかのように掲載している「PRESIDENT Online」の対応には、問題があるのではないかと言わざるを得ません。

あわせて読みたい

「離婚」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  2. 2

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  3. 3

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  4. 4

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  5. 5

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  6. 6

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  7. 7

    危機回避で疑問視 専門家の悲哀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  8. 8

    病院赤字 不要不急の通院だった?

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

  10. 10

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。