記事

専門外の「専門家」による解説の危うさ

1/2

 弁護士の最所です。

 PRESIDENT Online に 「本当は恐ろしい”性格の不一致”離婚の代償」という記事が載っていました。

 内容については、行政書士の方が書かれているようです。

 この記事については、二つの点で、問題があると考えています。

 まず、そもそも、「支払義務の存否」と言った、紛争性のある問題について、専門業務外であるはずの行政書士が「専門家」として回答することが妥当かという問題と、ここで掲載されている内容が正しいかという点です。

 弁護士法72条は、弁護士以外の者が報酬を得る目的で、「法律事件」(紛争性のある事件)を業として行うことを禁じています。

 業として行うことができない以上、行政書士は、「支払義務の存否」に関する問題については「専門家」ではありません。

 この記事は、「専門家」でない行政書士の考えを、あたかも専門家による回答であるかのような印象を読者に与えさせてしまう点に、問題があると思います。

 もちろん、内容が間違っていなければよいのではないか、表現の自由があるとの意見はあるでしょう。

 しかしながら、私が問題視しているのは、意見を述べること自体ではなく、あくまでも、読者に「専門家」による回答であるとの印象を与える点を問題視しています。

 かつて、「WELQ」に誤った医療情報が掲載されていたことが問題とされました。

 これは、専門家である医師による適切な監修が十分になされないままに、誤った医療情報がネット上に氾濫してしまった為です。

 誤った医療情報を見た人は、それが誤っていることに気づかなければ、適切な時期に適切な医師による診療を受ける機会を失ってしまいます。

 だからこそ、医療情報には、正確性(専門家による適切な監修等)が必要とされているのです。

 これは、法律問題についても同様です。適切な時期に、適切な対応をしないと、本来保護されるべき権利の行使ができなくなってしまうことにもなりかねません。

 専門家による適切な助言を得る機会を失うことがないよう、少なくとも、「専門家」による意見かどうかを、誤解させるような表現は、厳に慎むべきであると考えています。

あわせて読みたい

「離婚」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  2. 2

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  3. 3

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  4. 4

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  5. 5

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  6. 6

    中途半端な自粛要請で「コロナ特需」の飲食店

    内藤忍

    04月11日 11:59

  7. 7

    原発処理水の海洋放出を決めた菅内閣は、言い出しっぺの細野豪志氏をもっと大事にした方がいいだろう

    早川忠孝

    04月11日 17:10

  8. 8

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

  9. 9

    YouTuber逮捕は氷山の一角、児童の「自画撮り被害」という社会問題

    NEWSポストセブン

    04月11日 17:28

  10. 10

    観光先の海で強い揺れ… 津波から大切な命を守れますか? 鎌倉で考えた防災

    清水駿貴

    04月11日 08:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。